『清成啓貴』女子高生に「アイドルは枕営業が必要」とわいせつ行為。SNSと顔画像特定。戦慄かなのを利用か

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

SNSを使ってアイドル志望の女子高生にわいせつな行為をした男が逮捕されました。

 

この男、かなり前からこのような行為をしていた要注意人物のようです。

自称音楽プロデューサーが逮捕

 

自称音楽プロデューサー、清成啓貴容疑者(26)が、SNSで「アイドルになりたいひと募集」などと書き込み女子高生にわいせな行為を行い逮捕されました。

 

芸能活動に必要だと偽り、高校生の女子生徒にわいせつな行為をしたとして警視庁練馬署は22日、東京都練馬区小竹町2、自称音楽プロデューサー、清成啓貴容疑者(26)を準強制性交等容疑で逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は、2019年10月5日午後0時半ごろ、自宅アパートで女子生徒に「アイドルは枕営業をしないといけない。みんなやっていることだ」などとうそを言い、わいせつな行為をしたとしている。「性欲を満たすためだった」と容疑を認めている。

毎日新聞から引用

 

 

とんでもない男ですね、

 

清成啓貴のSNSは

 

これがすでに消されている清成啓貴のSNSです。

 

 

Facebookもありますが、本人のものと特定できません。

 

昨年もトラブルか

 

2019年7月の投稿です。

 

誰かとトラブルになったと思われます。

 

「相手を消す」とツイートしています。

 

バックボーンがすごいですが、まず嘘でしょう。

 

 

「戦慄かなの」を利用

 

自身のTwitterに地下アイドルの「戦慄かなの」と写っている写真を使っています。

 

どこかで一緒に撮影したものを使用しているのでしょう。

 

 

他にも余罪がありそうな清成容疑者。

 

警察でこういうアイドル志望の女性を食い物にしているヤカラの余罪を明らかにして欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です