『酒気帯びひき逃げ』ダンプカー運転手「青木敬太」現行犯逮捕。視聴者が事故の瞬間をとらえていた。

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

20日午後11時40分ごろ、東京都中央区築地の晴海通りで、10トンのダンプカーが原付きバイクを後方からはねて逃走しました。

助手席には缶チューハイ

20日午後11時40分ごろ、東京都中央区築地の晴海通りで「バイクがはねられた」と通報がありました。

近くにいたパトロール中の築地署員が現場に向かったところ、バイクを引きずって火花を散らしながら走るダンプカーを発見し、ダンプカー運転手の青木敬太容疑者(53)現行犯逮捕しました。

はねられたのは、原付バイクに乗って帰宅途中だった建設業・ズッシディペース陸さん(22)で、病院に搬送されましたが死亡した。

ダンプカーの助手席にはチューハイの缶などが2缶あり、運転手の呼気から基準値を超えるアルコールが検出されました。

運転手は「酒も飲んだし、バイクもはねた」と容疑を認めているということです。

完全に「危険運転致死傷罪」案件ですね。

被害者はほぼ即死状態

トラックは、原付バイクをおよそ500メートルも、引きずったまま走行したといいます。

ズッシディペース陸さんは、全身を強く打ち、ほぼ即死状態だったそうです。

視聴者から提供された画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です