『鈴木敬子』苫小牧市日吉町4丁目で元同僚の女性を恨み車を燃やし逮捕。余罪10件以上。昨年逮捕された連続放火犯「山田由美子」と同じ町内なのは偶然か。

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

苫小牧市で、元同僚への恨みから放火を繰り返していた女が逮捕されました。

 

昨年、この町内では別の連続放火魔が捕まっていました。

苫小牧市で連続放火犯が逮捕

 

今年3月に苫小牧市のアパートの駐車場で軽乗用車が燃えた不審火で、警察は車に火をつけて壊したとして近くに住む57歳の女を逮捕しました。

 

参照:HTBニュース

 


逮捕された苫小牧市日吉町4丁目の鈴木敬子容疑者57歳は今年3月、近くのアパートの駐車場に停めてあった軽乗用車に火をつけて壊した疑いがもたれています。警察によりますと、鈴木容疑者と軽乗用車の持ち主は元同僚で何らかのトラブルがあったとみられています。調べに対し、鈴木容疑者は容疑を認めていて「何件かやった」と話しているということです。このアパートでは去年6月にも車が燃える不審火があったほか、2018年には物置でストーブが燃える火事など、この数年でおよそ10件の事件が起きていて警察は余罪があるとみて調べています。

HTBニュースから引用

 

元同僚の女性に恨み

 

警察の調べに対し鈴木容疑者は「女性に恨みを持っていた。10数件火をつけたりした」などと話しているということです。

この、アパート周辺では、ここ数年不審火が相次いでいて、2019年6月には、駐車していた同じ女性の軽乗用車が燃えたほか、2018年8月にはアパートの物置の中にあったストーブなどが燃えました。

 

 

同じ女性の車が傷つけられたこともあったということです。

 

恨みがあるにせよ、車に火を付けるとは異常です。

 

2019年に放火で逮捕された山田由美子も同じ町内

 

2019年5月16日に、苫小牧署は、建造物等以外放火の疑いで、苫小牧市日吉町4丁目の無職山田由美子(62)を逮捕しました。


山田の逮捕容疑は4月14日午後7時ごろ、同市日吉町4のアパートの敷地内で、置いてあった新聞紙を燃やしたり、ゴミ置き場を燃やした疑いでした。


山田由美子と鈴木敬子容疑者は同じ町内で同じ時期に放火をしていたことになります。

 

苫小牧市日吉町4丁目の場所

 

苫小牧市日吉町4丁目です。

 

 

一軒家やアパートが立ち並ぶ住宅街です。

 

同じ町内に2人の放火犯

 

苫小牧市日吉町4丁目には、目的こそ違いますが同じ時期に2人の放火犯がいて放火を繰り返していたことになります。

 

しかし、こんな偶然があるとは・・聞いたことがありません。

 

放火犯が2人いて、かわるがわるに放火をされたら付近の住民はたまったものではありません。

 

どちらかが模倣犯か

 

この2人のどちらかが模倣犯か、相手の犯罪に便乗した可能性があります。

 

とりあえず2人とも逮捕されましたが、第3の放火犯が出ないとも限りません。

 

コロナも大変ですが、放火にも十分に注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です