【バカッター】投稿のまとめ‼︎悪ふざけの代償は身バレと高額な損害賠償

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。


バカッターのツイッターが社会問題に


現在、「バカッター」による不適切動画の投稿が社会問題になっています。


バカッターとは、バカとツイッターを掛け合わせた造語で、反社会的な行動を動画として投稿しさらけ出す行為を指します。


今回問題となっている、不適切動画をまとめてみました。


現在、これらを投稿した従業員はクビになり、各企業は法的措置をとることも視野に入れて対応しています。


セブンイレブンの従業員の不適切なツイート


大手コンビニエンスストア「セブンイレブン」のアルバイトの男性店員が、販売中のおでん鍋からはしを使ってしらたきを口に運び、鍋の外に吐き出す様子を撮影した動画が、インターネット上に投稿されていたことが、分かりました。


セブンイレブン・ジャパンは9日、「不適切な行為だった。お客様に不快で不安な思いをさせておわびする」と謝罪しました。


同社によると、動画が撮影されたのは横浜市神奈川区の店舗で、外部からの指摘で発覚し、店は撮影に関わった2人を解雇しました。


鍋は動画撮影の後、洗浄されたということです。


参照:ツイッター


ビックエコーの従業員の不適切ツイート


このビックエコーの動画の出典は不明ですが、店員らしき人物が揚げる前のから揚げを両手に持ち、床に擦り付けてからフライヤーに入れる様子が収められています。


運営元の第一興商は、この動画が投稿されたことについて2018年12月6日にも謝罪文を発表。


同年12月25日には「警察へ被害届けを提出し、今後警察の捜査に協力する」としていました。


くら寿司のアルバイト店員の不適切なツイート


回転寿司チェーン「くら寿司」のアルバイト店員がゴミ箱に捨てた魚の切り身をまな板に戻す様子の動画がツイッター上に投稿され、くら寿司側がサイト上で「不適切」だったとして謝罪しました。


「くら寿司」の謝罪のツイートです。


参照:くら寿司公式ツイッター


はま寿司の客の不適切なツイート



客がレーンに流れているお寿司にわさびをいれるというイタズラを撮影した動画です。


この動画では、別のテーブルの注文品と思われる寿司のネタを素手でつかみ、その中にわさびを入れています。


この不衛生で辛い寿司を食べた客の気持ちは考えているのでしょうか。

動画には、顔が写っていますから、逮捕されるかもしれません。



すき家の男性アルバイト店員の不適切なインスタグラム


牛丼チェーン店「すき家」の男性アルバイト店員2人が氷を床に投げつけたり、調理器具のおたまを股間にあてがう行為を撮影した動画です。


すき家を展開するゼンショーホールディングスが1月29日、公式サイトで謝罪しました。


動画は自動削除機能を使ってインスタグラムに投稿されています。


この動画には「くびかくご」というテロップがつけられており、インスタグラムの24時間で投稿内容が消える「ストーリー機能」を使い投稿されたものを、別の人がツイッターに転載して炎上しました。


ネット上では、ほとんどの人物が特定されており、私生活をアップされている人までいます。


私生活への弊害、企業からの損害賠償と投稿したバカッターも少しは反省していると思いますが、「時すでに遅し」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です