【レオパレス伝説】本当だった都市伝説‼︎チャイムで住人全員戸を開ける

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。


レオパレス伝説とは


「レオパレス伝説」とは、ネット上で出回っていた「都市伝説」的なものです。


参照:ツイッター


・エアコンが勝手に切れる


・チャイムならされたと思って玄関を開けたら、四軒隣の部屋だった


・チャイムが聞こえ今度こそはと思ったけど、やっぱり隣の部屋だった


・チャイムを鳴らしたら住人全員が出てきた


・ティッシュを取る音が聞こえてくるのは当たり前、携帯のポチポチが聞こえることも


・爪切りの音も聞こえる


・納豆をかき混ぜる音も


・壁ドンしたら壁に穴が開いた


・というか、穴が開いたあとも開くまえと聞こえてくる音は変わらなかった


・壁に画鋲をさしたら隣の部屋から悲鳴が聞こえた


・隣二部屋を借り、「これで防音ばっちりだ」と思ったが、さらにその向こうの部屋の音が聞こえてきた


・右の隣の部屋の住人が屁をこいたら、左の部屋の住人が壁ドンしてきた


・すかしっ屁の音が聞こえる、というか臭いもする


・だけど家賃6万


・業績悪化でさらに壁が薄くなる


・将来的には壁がなくなる可能性も


これ以外にも、ティッシュを取る音が聞こえるというのもあります。


恩恵としては、隣が暖房を入れると暖かくなるということもあるとか。


みんな、冗談だと思っていたら本当でした。


参照:ツイッター


テレビでも取り上げられています。


実際住んでいたいた人からも、ツイートがあります。


https://twitter.com/kapiko2018/status/1094747887282450432
参照:ツイッター


「レオパレス伝説」をさかのぼると、2013年ごろのものがあります。


参照:ツイッター


壁の薄さは相当のものだったようです。


また、「クレームには一切対応せず」というのもよく書かれています。


スポンサーリンク

不正の発端は「ガイアの夜明け」


今回の事件が判明した発端は、『2019年2月5日放送 マネーの魔力 3(レオパレス)|日経スペシャル ガイアの夜明け : テレビ東京』です。


この前の放送でも、レオパレス問題について放送しましたが行政の指導が入っても状態は変わらなかったようです。


すぐ噂は消えると思ってたかをくくっていたところに第3弾を放送され、重い腰が上がったと思われます。


社長のメッセージは「当社のビジネスは人と住まいに関する問題を解決するもの」です。


その前に、壁の薄さを解決するべきだったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です