【三笠山遺体遺棄】捜索願いを出した夫が妻を殺害‼︎バラバラ殺人か?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

捜索願を出した夫が妻を殺害し遺体遺棄

 

北海道警は18日夜、三笠市の山中に遺体を遺棄したとして、死体遺棄の疑いで岩見沢市清水町、農業荒井祐輝容疑者(39)を逮捕しました。

 

山中で白骨化した遺体の一部が見つかっており、行方が分からない妻智恵さん(36)とみて調べています。

 

参照:HBCニュース

 

荒井容疑者の逮捕容疑は11月2日ごろ、三笠市西桂沢の山中に遺体を遺棄した疑いです。

 

今の岩見沢は、ひどい雪です。

 

もう少し早くわかっていれば雪も少なかったのですが。

 

この雪の中、死体を探すのは至難の技です。

 

道警によると、智恵さんの殺害をほのめかす供述もしているということです。

 

参照:HBCニュース

 

荒井容疑者は11月5日、岩見沢署に「妻が帰ってこない」と捜索願を出しましたが、その後、「妻の遺体を遺棄した」と話したため、三笠市の山中を捜索し、遺体を見つけました。

 

しかし、発見できたのは遺体の一部という報道であり、遺体をバラバラにして遺棄した可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です