【北海道】セクハラ校長が20代女性にメール200回‼︎女性はトラウマ

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

セクハラ校長がメール約200通を20歳代女性に

 

北海道教育委員会は19日、知人女性にしつこくメールをした宗谷地方の中学校の男性校長(57)らを懲戒処分にしたと発表しました。

 

男性校長は6~9月、20歳代の知人女性に、メールやSNSで約200回にわたり、飲食に誘ったり返信を促したりするメッセージを送ったということです。

 

内容は、「大好き」「その目で見られると吸い込まれる」というもので、女性は不快感や恐怖を覚え、知人を介して道教委に相談しました。

 

道教委は校長を停職3か月としましたが、校長は退職願を提出し、今月受理されたということです。

 

この校長は、どこで20代の女性と知り合ったのかも不思議です。

 

気持ち悪すぎて、女性は「トラウマ」になってしまいます。

 

高校の男性教諭は女子生徒と卒業式後抱き合う・・ホテルで

 

札幌市の道立高校男性教諭(51)は2016年3月、卒業式を終えた女子生徒とホテルで抱き合うなどしました。

 

教諭は既婚者で、不適切な関係は今年2月まで続いたということです。

 

道教委はこの教諭を停職2か月としました。

 

ネットでは、卒業で感極まって抱き合ったのではなく「ホテルかよ」というツッコミがされています。

 

道教員委員会に電話で名前を聞いてみた

 

道の教育委員会の広報課に電話して、この2人の名前や学校は公表にならないのか聞いてみました。

 

広報課の担当の方曰く「道救育委員会のHPに載っている通り、懲戒の重さによって個別の事案ごとにに名前の公表をしている。今回はその規定に該当していなかった」とのことです。

 

しかし、来年あたり道教育委員会の12月の異動に載るでしょうから、その時に分かるかもしれません。

 

警察沙汰になっていないせいか、懲戒処分が軽すぎるような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です