【大津園児死傷事故】右折車の新立文子被告に禁錮4年6ヵ月の判決!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

大津市の交差点で昨年5月、車2台が衝突し保育園児2人が死亡、14人がケガを負った事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)やストーカー規制法違反などの罪に問われた右折車の新立文子被告(53)に対し、大津地裁(大西直樹裁判長)は17日、禁錮4年6カ月(求刑5年6カ月)の判決を言い渡しました。

新立被告は判決言い渡しの予定だった1月の公判で、「直進車の過失を主張したい」などと突然争う姿勢を示し、判決が延期されていました。被告人質問では。新立被告は「私が一番悪いとは分かっている」とした上で「(衝突した)直進車のスピードが遅かったり、現場に防護柵があったりすれば、結果は違ったかもしれないと思うことはある」と話した。

最終意見陳述では「被害者を逆なでするようなことをしてしまい、心から申し訳ないと思っている」と頭を下げた。

【大津園児死傷事故とは】

19年5月8日午前10時15分ごろ、大津市大萱6丁目の丁字路で、新立文子被告が交差点で注意を怠ったまま時速約10キロで右折し、対向車線を直進してきた軽乗用車に衝突。弾みで軽乗用車が歩道で信号待ち右折中の乗用車と直進の軽乗用車が衝突した。歩道にガードレールはなく、軽乗用車は衝突のはずみで、散歩中に信号待ちをしていた『レイモンド淡海保育園』の園児や保育士計16人の列に突っ込んだ。男児と女児ともに当時2才が死亡、園児11人と保育士3人が重軽傷を負った。

一方、直進車の女性も自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪で起訴されが、この女性は同法違反容疑で書類送検された後、嫌疑不十分で不起訴となった。

【インタビューや保釈中の行動から見えてくる新立文子被告の人柄】

インタビューに応じた際の、あまりにも身勝手な発言

新立被告が大阪のABCテレビ(朝日放送)のインタビューに応じた際、「私の不注意なのも確かですし、不運が不運を呼んで、可愛いお子さんの中に突っ込んでしまったという事です。」「せめて直進車が減速、あるいはブレーキがあったら、それを責め立てる訳じゃないですけど、どうだったのだろうかと」などと責任転換とも言える発言をしていた。

保釈中に出会い系サイトでストーカー

新立被告は保釈中にもかかわらず、出会い系サイトで知りあった49歳の公務員男性の連絡先を知り、会ったことはないものの、LINEを使って脅迫するようなメッセージを送ったり、男性の勤務先に電話をかけたりしたとして、9月30日に滋賀県警に新立被告をストーカー規制法違反、脅迫、強要未遂の容疑で逮捕された。

 新立被告は保釈された直後の6月下旬から、49歳の男性公務員とLINEでやりとり。近況を報告したり、写真を送らせていた。ところが次第に嫌気が差したのか、男性は新立被告からのメッセージを既読無視するようになった。すると新立被告は「電話番号を教えて」「話がしたいの」と懇願。これを無視されるとキレ、8月27日以降、何度も「やりとりを全部見せる。それで終わり」というメッセージを送り続けた。それでも返信がなかったため、男性の職場の電話番号を調べ、9月2日と5日の2回、直接電話を掛け、「写真もLINEも全部見せることになるよ」と脅した。

『引用:日刊ゲンダイDIGITAL

これらの行動、全く反省の見えない態度や発言。何より幼い子供2人の命を奪った事を考えると、禁錮4年6カ月というのは、あまりにも軽い判決なのではないだろうかと思うのは、私だけではないはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です