【女性巡査】複数の愛人契約で処分‼︎出会い系アプリで契約

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

山口県の女性巡査が愛人契約


山口県警山陽小野田署の20代女性巡査が、出会い系アプリを通して知り合った複数の男性に金額を提示して交際したとして、減給10分の1(1カ月)の懲戒処分を受けていたことが判明しました。


処分は1日付で、巡査は同日依願退職しています。


県警監察官室によると、巡査は昨年5~8月、スマートフォン向けの出会い系アプリを使い、複数の男性と交際していました。


この女性巡査から金額を提示していたということです。


今年2月、巡査が監察官室に相談して発覚。


山口県警では、この手の行為に関する職務規定がなく、出会い系アプリを通じて知り合ったことを処分理由としています。


警察官よりも愛人契約の方が稼げたのでしょうか。


このような犯罪ともいえない副業をするとは警察も想定外だったと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です