【愛知死体遺棄】気絶してもお腹の上でジャンプ‼︎悲惨ないじめの数々

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

犬飼さんを暴行の上殺害して死体遺棄


愛知県豊田市の山中で名古屋市天白区、職業不詳、犬飼幸子さん(31)の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された2人が「暴行したら死んだ」との供述を警察にしています。


この事件は、2月24日、愛知県豊田市内の山中で、犬飼幸子さんが遺体で見つかり、知人の風俗店従業員 門田典子容疑者(36)と、無職の石川一代容疑者(34)が、死体遺棄の疑いで逮捕されたものです。


参照:門田典子facebook



3人は同じ店で働いていた元同僚。


犬飼さんは石川容疑者宅で同居に近い生活を送っていました。


 司法解剖の結果、犬飼さんの死因は頭に強い衝撃を受けたことによる脳障害で、顔や腕、脚にも何かで殴られたような皮下出血が多数見られるということです。


警察では犬飼さんが2人から日常的に暴行を受けていたとみています。


マクドナルドでも水しか頼まない門田容疑者



両容疑者を知る知人たちは


2人は、(犬飼さんを)繰り返し暴行してお金を巻き上げ、ホストクラブなどの費用に充てていたようだ」


「石川容疑者がパチンコ店で、犬飼さんに金を要求しているところを見た」


と、両容疑者が犬飼さんからお金を巻き上げていたと証言しています。


また、門田容疑者の知人は「常にお金に困っていて、マクドナルドに行っても水しか頼まない。借金もあった」と話しています。


門田容疑者は名古屋市栄の複数のホストクラブに十数年前から通っていて、ツケがたまって出入り禁止になった店も数多くあったということです。


気絶した犬飼さんのお腹の上でジャンプ


ホストクラブの従業員の話では、3人は最初、仲が良いように見えたが、1年ほど前に門田容疑者と犬飼さんがけんかをし、関係がいびつになったということです。


殺害の背景にはホストをめぐるトラブルがありそうです。


その後、両容疑者は犬飼さんに日常的に暴行。


容疑者二人が通っていたホストクラブの代表は、両容疑者が


「(被害者は)顔面を殴打されることに始まり、刃物を突きつけられ、熱湯をかけられ、頭を丸められ、気絶したお腹の上でジャンプされたり‥」


ということを楽しそうにホストクラブで話していたと語っています。


門田容疑者は、風俗店で働き、そのお金でホストに入れあげ、借金苦のあげくいじめを繰り返し犬飼さんを殺害した可能性が高いと思われます。


犬飼さんへのあまりにひどい暴行を笑って話しているとは。


門田容疑者の昔を知る知人は、「ちょっと普通じゃないというか、おつむが弱いような感じ。だからといってグレたりしていたわけでもなく、まともにお勤めができないから風俗に行ったみたい」と語っています。


やはり、頭のネジが少し外れているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です