【日下部和博】オウムの死刑に対する報復?アレフ大阪道場に聞いた結果

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

オウムの死刑に対する報復でやった

 

東京・原宿の竹下通りで車に男性8人が次々とはねられた事件で、逮捕された男の車の中からは大量の灯油などが見つかっていたことが分かりました。

 

住居、職業不詳の日下部和博容疑者(21)は1日午前0時10分ごろ、渋谷区神宮前の竹下通りで軽自動車を運転し、歩いていた東京・練馬区に住む男子大学生(10代)をはねて殺害しようとした疑いが持たれています。

 

男子大学生は意識不明の重体です。

 

また、日下部容疑者の車の後部座席には、灯油が入ったポリタンクが積まれており、「灯油で車ごと燃やそうと思った。それができなければ人をひこうと思った」と供述しているということです。

 

また、動機については「殺そうと思い、通行人をはねた。オウムの死刑に対する報復でやった」などと話しているとのことです。

 

日下部容疑者は大阪でレンタカーを借りて東京へ

 

捜査関係者によると、日下部容疑者は昨年12月28日ごろに大阪でレンタカーを予約

 

31日昼ごろに上京し、明治神宮の周辺で待機していたということです。

 

そして、明治神宮に車で入ろうとしましたが、規制されていて入れなかったなどと供述していることも明らかになりました。

 

そうすると、日下部容疑者が本当にやりたかったのは、明治神宮で自分の車を灯油で爆発させることだったと思われます。

 

本人が灯油を被っていたという情報もあり、自爆テロをしたかったのかもしれません。

 

アレフの大阪道場に電話してみた

 

日下部容疑者は「オウム真理教の死刑執行に対する報復」と動機を話しているようですが、今は「オウム」ではなく基本「アレフ」です。

 

アレフが公安に睨まれている現在、信者にこんな無駄に自分たちにリスクが及ぶようなことはさせないと思います。

 

ただネットではアレフの信者という情報?もあるので、電話でレンタカーを借りた大阪にある大阪道場に電話してみました。

 

正月でも電話はつながり、20代くらいの若い女性が電話に出ました。

 

私は名前を名乗り

 

「日下部和博という人物か、竹下通りで起きた事件を知っていますか?一部にアレフの信者という情報もあって。信者さんとかではありませんか?」

 

と聞いたところ、少し時間が空いて

 

「全然知りません」

 

との回答でした。

 

これを全面的に信じることもできませんが、アレフの仕業であれば犯行声明くらいは出すでしょう。

 

これから警察は日下部容疑者の刑事責任を問えるか調査するようですが、レンタカーを借りて大阪から東京まで運転してきて灯油のポリタンクを車につめるくらいですから、刑事責任は問えそうな気がします。

 

日下部容疑者が、なぜ大阪ではなく東京の明治神宮を狙ったのかが、今後の事件を解く焦点になりそうな気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です