【旭川乳児遺体遺棄事件】京田陵と麻理乃の画像。2人とも無職で大きな自宅。生活はどうしていたのか?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

旭川市の住宅の庭に乳児の遺体が埋められていた事件の続報です。

事件の経緯

事件が起きたのは北海道旭川市の住宅街。現場は非常に交通量の多い道路に面した住宅の敷地内で、乳幼児の遺体が埋められていました。

事件発覚のきっかけとなったのは6月29日

長女(5)と長男(3)が自宅から約3km離れた場所で迷子になっていたところを警察官が保護し、2人を家に送り届けた。

この時、戸籍上いるはずの次女の姿がなかったことなどから不審に思い、陵容疑者と麻理乃容疑者に事情を聞くと「遺体が埋まっている」と供述。

この事件で逮捕されたのは、旭川市永山の無職・京田陵容疑者38歳と妻の麻理乃容疑者36歳です。

顔はフードで見えませんが、左が陵容疑者。右が麻理乃容疑者とみられます。

2人は、自宅の庭に次女とみられる乳児の遺体を埋めた死体遺棄の疑いが持たれています。

遺体は服を着て布にくるまれていた

遺体は、深さ1m未満の土の中で服を着て布にくるまれた状態だったということです。

遺体の一部白骨化していて、去年の2~6月に死亡。

少なくとも1年ほど前に埋められたと見られています。

警察の調べに対し2人は「遺体は去年埋めた」と容疑を認めていますが、乳児の死因や遺体を埋めた経緯については供述が食い違う部分があるということです。

家族構成

次男は出生届すら出ていない

京田夫婦には未就学の長女(5)と長男(3)、さらに次女(2歳未満)と次男(1歳未満)の合わせて4人の子供がいます。

今回見つかった遺体は2歳未満の次女とみられている。

長男と長女が迷子で保護。

次女は遺体遺棄。

次男は出生届が出されていない状態です。

『参照:FNNプライムオンライン』

近隣住民の話では


「仲のいい夫婦。お父さんがお子さんを連れて散歩してるんだなという程度にしか見えませんでした。」

「お母さんが(子供を)抱っこして歩いているなと…」

生活はどうしてたのか?

発表によると2人とも無職ですが、真新しい大きな自宅に住んでいます。

その上、子供が4人。

生活費は一体どうしていたのか?

どちらかの両親が面倒をみていたのか?

もしそうだとしたら、次女がいないのを不審に思わなかったのか?

謎の多い事件ですね。

更なる続報を待ちたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です