【札幌2歳児虐待死】詩梨ちゃん頭蓋骨骨折。母親はSNSとは別人?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

子供は頭蓋骨骨折

 

札幌で2歳の詩梨ちゃん(2)が衰弱死した事件で、頭に強い衝撃を受け頭蓋骨骨折の上「硬膜下血腫」になっていたことが分かりました。

 

参照:UHBニュース

 

警察は母親ら2人の虐待による傷とみて、さらに追及しています。

保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕され、28日送検された池田莉菜容疑者(21)。

参照:UHBニュース

 

護送される車の中では終始うつむいたままで、表情を伺うことはできませんでした。

ふたりとも虐待について自供していない模様

 

参照:UHBニュース

 

池田容疑者と交際相手の藤原一弥容疑者(24)は、池田容疑者の娘で2歳の詩梨ちゃんに十分な食事を与えず、衰弱させたうえ病院に連れて行かず、死亡させた疑いがもたれています。

 

報道ではまだ「虐待か?」となっていますから、ふたりとも虐待を認めていないものと思われます。

池田莉菜容疑者の本当の「顔」

 

池田容疑者はススキノのキャバクラに勤めていたため、かなり美人だという印象を写真から持たれているようです。

池田容疑者の顔の変遷について書いた記事です。

【札幌2歳女児虐待死】児相が虐待通告受理せず‼︎母親の顔の変遷の凄さ

 

今回、初めて髪だけですが現在の姿が映りました。

SNSで公開されている顔はこのようなモノです。

 

 

高校生の時の写真も出ていますが、実際はこの写真が最も現在の姿に近いと思われます。

 

参照:ANNニュース

 

見る限り普通・・どちらかというと地味という感じです。

ただ、夜の世界で稼いでいただけあって化粧映えがするのは確かです。

 

化粧をして急にモテ出して、まだまだこれから遊びたかったのでしょうか。

札幌児相に電話しました

 

札幌児相に日を変えて2回電話して、所長をよんでもらいましたが、2回とも会議で席を外しているということでした。

 

 

現在、警察の言っていることと児相の言っていることが違っていたり、いろいろなミスが取り沙汰されているため、検証委員会で調査しているということです。

 

救えた命を自分たちの都合で放置した罪は重いと思います。

しかし、それは我々市民の感覚で役人の感覚では当たり前なのかもしれません。

 

急にやめた会見といい、1回で会見に出なくなった通報を断った課長といいどうも児相側の態度がはっきりしません。

 

 

民間の委託会社も連絡をくれれば対応したと逆に悔しがっています。

 

検証委員会も役人で検証を行っているとすれば、出る結果はすでに見えているように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です