【柏原久仁彦】大阪市生野区で知人女性の首や胸をハサミで複数回刺して殺害。男は逮捕

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

3月10日、大阪市生野区の自宅マンションで45歳の女性の胸などをハサミで刺して殺害したとして無職の男が逮捕されました。

けんかになってハサミで殺害

大阪府警は10日、知人の女性をハサミで刺殺したとして、大阪市生野区新今里1丁目の無職、柏原久仁彦容疑者(56)を殺人容疑で緊急逮捕しました。

生野署によると、柏原容疑者は10日午前9時半ごろ、自宅マンションの一室で、大阪市生野区に住む溝川昌美さん(45)の首や胸をキッチンバサミ(刃渡り8・5センチ)で刺し、殺害した疑いがあります。

柏原容疑者自身が同日午後1時すぎに生野署へ「女を殺した」と通報し、署員が浴室で全裸の状態で死亡している溝川さんを見つけたということです。

それにしても、無職の人の多さに驚きますね。

恋愛関係のもつれか?

府警人身安全対策室によると、2月28日の夕方、溝川さんから「交際相手とけんかになり、トラブルになった」と通報を受けといいます。

府内の別の署員が2人と接触して話を聞いた際、「話し合いで解決する」と言ったので、男女間トラブルとして記録し、対応を終えていたということです。

話し合いで、解決できなったんですね。

柏原久仁彦容疑者、「殺すつもりはなかった。」

今後、殺意の有無が重要になってくると思いますが、柏原久仁彦容疑者は「けんかになってハサミで刺したが、殺すつもりはなかった」と供述しているようです。

殺すつもりがないのに首を狙うのでしょうか?

そもそも、浴室で全裸で死亡ということは、口論中に思わずというよりは、口論の後にお風呂に入ってる溝川さんの元に、ハサミを持って殺害しに行ったのではないかと思いますけどね。

柏原久仁彦容疑者を目撃した近所の人の話


近所の人によると「容疑者が手錠をはめられて(警察に)連れられていった。目が完全に血走っていた」そうです。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です