【羽原骨骼標本研究所】敷地から500人分の人骨を発見‼︎まさしくホラー

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。


約500人分の人骨見つかる


22日、大量の人の骨が見つかったのは、東京・足立区にある「羽原骨骼標本研究所」が所有する住宅の敷地です。


「住所:東京都足立区本木1丁目20−11」


この住宅敷地内で約500人分の頭蓋骨を含む大量の人骨が見つかりました。


参照:NHKニュース


警察によると、昨年11月上旬、この住宅に住む男性が死亡しているという通報が親族からありました。


男性は病死でしたが、署員が駆けつけたところ、室内や庭などから大量の人骨が発見されました。


大量の人の骨が見つかった会社の社長によりますと、骨は先代の社長が30年以上前にインドから輸入したもので、倉庫に保管していましたが入りきらなくなったものを外に出して置いていたということです。


この会社は以前大学病院などで研究用として使われる人体の模型や骨格標本などを製作していましたが、10年以上前から閉鎖している状態でした。


社長は「骨の一部はシートをかけて外に置いていたが、整理が終わったら倉庫に戻そうと思っていた。決して廃棄したわけではない」と話しています。


何十年も前にインドから仕入れた「人骨」


人骨を使った骨格標本は1970年代ごろまでは一般的に製造・販売されていたということですが、21世紀には人道的な見地から販売を中止。


標本を作るため、中国やインドから大量に仕入れた人骨が処分しきれずに放置されていたものと思われます。


本物の人骨が大量にあること自体、不気味です。


きちんと弔いはしているのでしょうか。


警察も、まさか500人分の人骨が出てくるとは思ってもいなかったでしょう。


500人分の人骨が積み重なっている姿は、まさしく「ホラー」ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です