【苫小牧】父親が息子の腹を足蹴り‼︎「お父さん気持ち悪い」といわれ逆上

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。


お父さん気持ち悪い・・逆上して足蹴り


苫小牧市末広町の会社員・工藤雄多容疑者(29)が、自分の息子の腹を足蹴りしたとして現行犯逮捕されました。


工藤容疑者は2月28日午後11時20分ごろ、自宅の居間で10歳未満の息子の腹を左足で1回蹴り、暴行の現行犯で逮捕されました。


息子にけがはありませんでした。


母親が警察に「父親に暴行され子供が泣いている」と通報し、駆け付けた警察官が現行犯逮捕したということです。


工藤容疑者は警察の調べに対して


「息子からお父さん、気持ち悪いと言われ、蹴った」「これまでしつけ程度に頭を叩くことはあったが今回みたいに蹴るのは初めてだ」などと話しているということです。


工藤雄多容疑者とは



工藤雄多容疑者は、『平成29年度 苫小牧市青少年表彰/受賞者』にも選ばれている人物だと思われます。


年齢と住所、名前が一致しており、会社にも確認しました。


会社は、●X●●苫小牧●●(株)


『産業廃棄物処理業務に従事し、数多くの資格を取得。チーム作業をする班の職長を支える存在として、上司からの信頼も厚く社員の模範となっている。』


とされています。


会社ではかなり優秀な社員のようです。


普段から、子供に対して暴力を振るっていたのかは現在警察が調査中です。


しかし、妻が警察に電話するくらいですから、抑えがきかなくてなっていたのかもしれません。


小さな子供のお腹は、足で蹴れば内臓破裂をおこす可能性もあります、


最初はそのくらいとも思いましたが、子供に「気持ち悪い」と言われたくらいで逆上して警察を呼ばれるほど蹴るとは・・・。


「しつけ」「頭を叩く」という言葉が出ていますから、子供に対して以前から暴行していたことも否定できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です