【道知事選】徳川19代家広氏が浮上‼︎徳川家って北海道と関係あった?

道知事選に徳川家19代目が出馬か


北海道知事選(3月21日告示、4月7日投開票)をめぐり、自民党道連や道内経済界などに、政治・経済評論家で、徳川宗家19代目の徳川家広氏(53)の擁立を目指す動きがあることが、11日までに分かったと十勝毎日新聞が報じています。


参照:経済界


自民党道連の関係者が白羽の矢を立て、1週間前から東京を中心に、擁立に向けた調整作業が進められているというのですが・・・。


徳川氏は1965年、東京都生まれ。小学1年から3年までは米国で過ごした。慶応義塾大学経済学部卒、米ミシガン大学大学院で経済学修士号を取得し、現在は政治・経済評論家、翻訳家として活動しているということです。


今回の知事選については、告示まで3か月に迫った今も候補者は決まっていません。


今回の北海道知事選では「閉塞感からの脱却」が求められていますが、現実は未だに候補さえ決まっていません。


ここで出てきた、徳川家19代目の徳川家広氏。


知名度なら、プロスケーターの織田信長の子孫の織田信成氏の方が高いですが、徳川家康の子孫か・・そんな人がいたんだ、というのが道民の本音でしょう。


徳川家康の子孫という方にばかり目が行きますが、本当に北海道を良くしてくれるなら是非とも出馬してほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です