【長瀬智也】新タトゥー消すのに150万円‼︎浜崎のタトゥーは消した?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

長瀬智也のタトゥー

 

TOKIOの長瀬智也(40)が、03年にTとAを組み合わせたデザインのタトゥーを胸に入れたのは有名です。

 

当時交際していた浜崎あゆみさんと自分のイニシャルを結びつけ、合わせるとハートになるという凝った趣向のものでした。

 

 

しかし、浜崎さんと別れてからほどなくしてこのタトゥーは消したそうですが、すでに新たな別のタトゥーを入れているとの噂です。

 

新タトゥーのデザイン

 

長瀬さんの知人によると、長瀬さんは4年前に新たにお腹にタトゥーを入れたそうです。

 

これは、こだわりが詰まったデザインで、馬やネジ、蔦をモチーフにしており、バイク乗りの長瀬さんのイメージを具現化したもののようです。

 

参照:ツイッター

 

タトゥーといっても、いろいろなデザインがあるようです。

 

バイク乗りは、このタトゥーを入れるのをファッションにしています。

 

しかし、長瀬さんはこのタトゥーも最近では「若気の至り」だと後悔しているそうです。

 

よく、プールや温泉で「タトゥーお断り」という看板を目にします。

 

バイク乗りとしてのファッションとしては格好いいですが、日常生活に制限がかかります。

 

それにアイドルである以上、タトゥーはタブーです。

 

タトゥーを消す値段

 

タトゥーを消すにはいったいどれくらいの費用がかかるのかを週刊女性プライムでは、『高須クリニック』の高須克弥院長に聞いています。

 

「大きさや色など、タトゥーの状態により異なります。レーザーによる除去なら、1センチ×1センチサイズで1万円。切除縫縮による除去、顔面以外のタトゥーを単純に縫合する場合の目安は、1センチで2万5000円となります」

実際に長瀬が入れたとされるタトゥーを見てもらうと、

「半年あけて、2回にわたっての施術になります。金額は実際の状態を見ないと正確には判断できませんが、120万〜150万円くらいですかね。施術としては皮膚移植になるでしょう」(高須院長)

週刊女性プライムから引用 

 

タトゥーを入れるよりも消す方が高いですね。

 

高須院長は、母親になってから色々な弊害が出て消す女性も多いと語っています。

 

タトゥーは、日本の文化にはなかなか馴染みません。

 

私が夏にツタヤに行った時に、上半身タトゥー(色入り)の男性が肌をわざと見せるようにタンクトップを着ていましたが、刺青=暴力団のイメージが強いのもその理由の大きな要素だと思います。

 

若気の至りでタトゥーを入れても、後で百数十万かけてとる羽目にならないように、格闘家でもない限り、私はタトゥーは入れない方がいいのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です