【文春反撃】小室哲哉の話は嘘‼︎KEIKOがファンに「私は元気です」⁉︎

要点をざっくり

  • 小室哲哉(59)が、女性看護師A子さんとの不倫疑惑を報じた「週刊文春」の記事を受けて会見を開いたのは今年の1月19日でした。
  • その際に、小室氏は介護に疲れた、男性としての機能はもうないと語り、文春は世間からひどいバッシングを受けたのは記憶に新しいところだと思います。
  • しかし、あの小室氏の会見がほとんど嘘だと、文春が反撃に出ました。

小室氏の不倫に対しての記者会見 

 

音楽プロデューサー・小室哲哉氏(59)が、女性看護師A子さんとの不倫疑惑を報じた「週刊文春」記事を受けて会見を開いたのは今年の1月19日でした。

 

 

2011年に妻のKEIKOさん(45)がくも膜下出血で倒れて以降、介護のストレスの中でA子さんが精神的な支えになり、男女関係はない、と会見で小室氏は話していました。

 

そして、自発的な音楽活動からの引退を表明。

 

f:id:gbh06101:20180705064517p:plain

参照:朝日新聞DIGITAL

 

世間ではこの「文春砲」に対して、「そこまでするのか。」「才能をダメにした」とひどいバッシングがおきました。

 

私は、これ以降「文春砲」にキレがなくなったなと思っていましたが。

 

小室氏の会見はほとんど「嘘」



この記者会見では「(KEIKOの)目を見て、しっかり話をしていきたい」と語った小室氏ですが、その後、妻とは一度も会っていないというのです。

 

KEIKOさんは現在、故郷の大分で家族と暮らしています。

 

文春の取材に対して、KEIKOさんの親族が答えています。


「会見には唖然としました。少なくとも、桂子(KEIKOの本名)に関する彼(小室)の話はほとんど嘘。桂子のサポートに疲れたと言っていますが、彼は介護らしいことは何もしていませんし、そもそも今の彼女は要介護者ではない。なぜあそこまで、自分の妻のプライバシーや名誉にかかわることを、あしざまに言わなくてはならないのでしょうか」

「小室哲哉さんの話はほとんど嘘」妻・KEIKO親族の怒り | 文春オンライン

週刊文春オンラインより引用



それどころかKEIKOさんが漢字ドリルをしていいたのは5年くらい前で、今は「要介護者」ではないというのです。

 

確かに写真を見る限り、少しふっくらしていますが1人で歩いています。

 

f:id:gbh06101:20180704214912p:plain

参照:文春オンライン

 

この写真は、親族に了承のうえKEIKOさんの知人から提供を受けたものということです。

 

そして、KEIKOさんは、仲間同士でカラオケボックスにもいっているというのです。

 

確か小室氏の会見では、ほとんど寝たきりの状態だったはずですが・・・・。

 

KEIKOさんの世話はスタッフと付き人が

 

文春の取材によると、くも膜下出血で倒れたKEIKOさんの世話をしていたのは、もともと小室さんのスタッフや付き人だったとのことです。

 

「小室さんは、指示をするだけでほとんど介護らしい介護はしていなかった」と、小室さんの以前運転手をしていた男性が証言しています。

 

それも、KEIKOさんが倒れた時に、病院ではリハビリのために実家で養生することを勧めましたが、なぜか小室さんは自身で引き取り、自分のマンションで遮光カーテンを閉めきり、KEIKOさんのリハビリもせずに、ただ部屋でゴロゴロしていたというのです。

 

そしてKEIKOさんの、「おやすみなさい」というだけの、いかにも病気から回復していないと見られるツイッターも小室さんの指示で行われていたということです。

 

おそらく、自分の献身的介護を強調するための画策だったのでしょう。

 

スポンサーリンク

KEIKOさんはカラオケボックスで歌も

 

小室氏の会見では、ほとんど音楽に興味がなくなって30秒も音楽を聞いていられないとされたKEIKOさんですが、今でも「歌が好き」と語っています。

 

カラオケボックスに仲間と一緒に出かけ、「天城越え」「DEPARTURES」「FACE」などを歌っていると友人が語っています。

 

DEPARTURES

 

それも、マイクパンサーのラップも自分でやるほどだそうです。

 

KEIKOさんは友人にやっぱり「私は、歌が好き。歌っているときはいつだって楽しい」と語っています。

 

こうなると、あの小室氏の記者会見の内容とかなりギャップがあります。

 

「私小4だから」とKEIKOさんが悲しそうに話す

 

KEIKOさんは、小室氏の記者会見をみた人から「オムツをしているの?」とか聞かれるそうです。

 

また、滑らかに英語も話し、親族の方が「すごいね」というと、「私小4だから」と冗談っぽく笑って話したそうですが、やはり小室さんの「小4発言」にかなり傷ついているようです。

 

「コミュニケーションが日に日にできなくなっていく」「漢字ドリル」「小4程度」という小室氏の発言とはまるっきり逆で、もう普通の生活が送れているとのことです。

 

そういえば、小室氏が詐欺で逮捕された時も、KEIKOの浪費ぐせが止まらず・・・とあたかもKEIKOさんのせいでお金を浪費し、詐欺を働いたように語っていましたが、事業で失敗して借金を作ったのは小室氏でした。

 

KEIKOさんに知らせずに引っ越し

 

小室氏は、以前、KEIKOさんと暮らしていたマンションを引き払い、新しく港区の超高級マンションに引っ越しました。

 

マンションの家賃は月100万円をくだらず、KEIKOさんはこの引越しについては知らされていないとのことです。

 

「生活をダウンサイジングして」と語っていた小室さんですが、家賃は今までのところと変わっていません。

 

そして、ここには以前不倫と噂された、看護師のA子さんが新しく買ったベンツに乗って足しげく通っているそうです。

 

f:id:gbh06101:20180705065215p:plain

参照:週刊文春

 

このA子さんについても、KEIKOさんは知っていると記者会見で小室氏は語っていましたが、紹介等受けていない知らない女性と語っています。

 

また、1月に出た突然の引退宣言ですが、実は昨年末から、ヒット曲が出ない小室氏がエイベックスに引退を申し出ていたようです。

 

こうなると、あの小室氏の記者会見はなんだったのでしょう。

 

すっかり、みんなが「小室劇場」に騙されていたことになります。

 

一番かわいそうなのは妻のKEIKOさんですが、KEIKOさんはファンに対して

 

「ご心配いただきありがとうございます。私は元気です」とコメントしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です