たこ焼き屋から「スターウォーズ」のフィギュアを盗んだ一部始終を防犯カメラがとらえていて男逮捕

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

2018年、大阪市浪速区のたこ焼き店で、映画「スターウォーズ」のフィギュアが盗まれた事件で、警察は33歳の男を逮捕しました。

売れると思った

窃盗の疑いで逮捕されたのは、長崎県に住む33歳の無職の男です。

名前や顔は発表されていません。

男は2018年11月、浪速区日本橋のたこ焼き店から、映画「スターウォーズ」のキャラクターのフィギュアを盗んだ疑いが持たれています。

男は事件の直後に、日本橋の店でフィギュアを売却したとみられ、警察の調べに対し「売れると思い盗んだ」と容疑を認めているということです。

フィギュアは重さ10㌔

 

フィギュアは、映画「スターウォーズ」に出てくる、白いコンバットスーツの「ストームトルーパー」。

店主が海外で求めたもので、金額は5万円ほどで、国内では手に入らないものだといいます。

店の防犯カメラには、客を装った男が店員に「トイレを借りる」と伝えて2階に上がり

高さ120センチ、重さ10キロのフィギュアを持ち出す瞬間が映っていました。

2階はテーブル席があるが、まだ開店直後で客はいなかったといいます。

男は、店内にあった「ストームトルーパー」を引いて、入口の方へ消えた様子が下記の画像でわかります。

男は、店の2階の窓から、フィギュアを外に出し、後で回収したとみられています。

盗む瞬間の映像

盗まれた直後の店員の話

 店員によると、カメラの死角の先には窓があり、そこから外へ出したのだろうという。

しかし、窓の外には隣家の屋根が迫っている。誰かが受け取りでもしない限り、持ち出せるものではない。2階の窓から10キロもある「ストームトルーパー」をどうやって消したのか。

  店員は「ストームトルーパーに愛着もあったし、ショックだ」と悔しがっていました。

フィギュアは持ち主のもとへ戻るということで、良かったですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です