アダルト動画の販売サイト「AVMarket」運営者、児童ポルノ禁止法違反で再逮捕。本間誠二の顔画像入手。

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

海外を拠点に児童ポルノの販売サイトを運営していた44歳の男が女の子の裸の画像を販売したとして再逮捕されました。

去年の6月に運営者3人逮捕 

児童ポルノ禁止法違反の疑いで再逮捕されたのは、札幌市の自称・会社役員の本間誠二容疑者(44)です。

去年6月、児童ポルノ動画の販売サイトを海外サーバーを使って運営していたとして、愛知県警少年課などは児童ポルノ禁止法違反容疑などで3人を逮捕していました。

逮捕されたのは、札幌市手稲区星置の自称会社役員・野田将広容疑者(43)・本間誠二容疑者(44)・他1名の男3人です

あと1名は調べましたが、名前の発表はありませんでした。

動画販売サイト「AVMarket」

この3人はアダルト動画の販売サイト「AVMarket」など3つの会社を運営していたということです。

逮捕容疑は昨年6月21日、海外に設置したサーバーに記録・保存させた児童ポルノ画像データ1点を有料で不特定多数に提供した疑いです。

販売サイトには計約4万5000件のアダルト動画や画像が投稿され、サイトを通じた売上額は月約1億円に上るといいます。

3人はいずれもシンガポールや香港など海外に居住していたが、新型コロナウイルスの世界的流行などから一時帰国していた。

海外サーバーを使用した販売サイトの運営者が摘発されるのは全国初だということです。

「進んでは売っていない」

今回再逮捕された、本間容疑者は、「わいせつなものを売っていたのは間違いないが、児童ポルノはすすんで売ってはいない」と容疑を否認しているといいます。

言葉のあやなのか、進んで売っていなかろうが進んでいようが、売ったことにはかわりないと思うのですが、進んで売ったかどうかって重要なんですかね?(笑)

警察によりますと、去年逮捕された2人も「サイトは知っているが、運営に関与していない」などといずれも容疑を否認しているということで往生際が悪いですね。

売った方が悪いのは勿論ですが、買った方にも罰則が欲しいです。

再逮捕された本間誠二の顔画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です