元電波子17号(43)の次男『徳永神風』が特殊詐欺で逮捕。顔画像とツイッターを特定。母親はいま?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

当時大学生と駆け落ちしたと話題になった元電波子17号こと徳永美穂さん(当時41)。

 

その次男が特殊詐欺で逮捕されたいたと文春が報じました。

 

参照:文春オンライン

駆け落ちした元電波子の次男が逮捕

 

「進め!電波少年」で元電波子17号としてアイドル活動をしていた徳永美穂さん(43)が20歳年下の大学生A君と失踪した事件。

 

美穂さんには3男1女がいます。

 

夫の徳永数馬氏(当時56)はその後他界し、子どもたちだけが残されました。

 

【元電波子17号】勝手に出された婚姻届‼︎話がかなり怪しい方向に⁉︎

 

その次男の徳永神風(22)が特殊詐欺で逮捕されていたと文春が報じています。

 

徳永神風は特殊詐欺のボス

 

徳永神風容疑者は、特殊詐欺のリクルーターを行っていました。

 

参照:NHKニュース

 

詐欺の電話にだまされた各地のお年寄りのもとに現金を受け取りに行く「受け子」を派遣していたとして、22歳の男が逮捕された事件で、受け子の1人が「住む場所やスーツ、詐欺に使う携帯電話を与えられ、辞めさせてもらえなかった」と当時の状況を説明していることが、捜査関係者への取材でわかりました。 千葉県浦安市のとび職、徳永神風容疑者(22)は、去年、息子などを装った詐欺の電話でだまされた関東のお年寄り9人のもとに「受け子」を繰り返し派遣し、合わせて2200万円余りをだまし取ったとして、詐欺などの疑いで逮捕され、26日検察庁に送られました。 徳永容疑者は浦安市のビルの1室に「受け子」らを住まわせ、各地に派遣していたとみられていますが、すでに逮捕された20代の「受け子」が調べに対し、「金に困っていたところ、住む場所やスーツ、詐欺に使う携帯電話を与えられ、受け子になるよう指示された」と当時の状況を説明していることが、捜査関係者への取材でわかりました。 その後、「“辞めたい”と言っても、“辞めたいなら代わりに別の受け子を紹介しろ”と脅され、辞めさせてもらえなかった」と話しているということです。 警視庁は、背後に詐欺グループの指示役がいるとみて解明を進めています。

NHKニュースから引用

 

特殊詐欺の末端のリーダー的存在です。

 

グレた神風容疑者

 

特殊詐欺で逮捕された神風容疑者。


高校を卒業後、北海道の短大に進んでいます。


しかし、もともとがヤンチャなタイプで柔道部の腕力自慢。


文春によると、母親の失踪から半年くらいしてグレはじめたようです。


女の子を集めては合コンを開き参加者から金を巻き上げる。


また、アルバイトと称して、友人たちを特殊詐欺に誘っていたようです。


神風容疑者は逮捕されても、「詐欺には関わっていない」と容疑を否認しているとのことです。

 

神風容疑者のツイッター

 

神風容疑者のツイッターです。

 

 

 

この頃には立派な悪人面です。

 

美穂さんのいま

 

美穂さんは、現在もおそらく当時大学生だった男性と一緒にいるものと思われます。

 

美穂さんはいま長女とは連絡をとっており、離婚の原因について「夫の暴力」だったと話しています。

 

この駆け落ちの原因は「元夫の暴力」とされています。

 

また、美穂さんは「子どもたちの事を心配している」とも。

 

神風容疑者は「親の心子知らず」というところでしょうか。

 

しかし、母親の駆け落ちは、特殊詐欺の理由には決してなりません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です