北大大学院生『小松正明』殺人未遂で逮捕。「北12条書店」の倉庫で女性の首を絞める

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

北海道大学の大学院生の男が、以前アルバイトをしていた書店の倉庫でアルバイト従業員の女性への殺人未遂容疑で逮捕されました。

 

一体何があったのでしょう。

書店の倉庫に侵入し殺人未遂で北大大学院生が逮捕

 

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは北大の大学院生小松正明(こまつせいめい)容疑者(24)。

15日午前9時半すぎ、北区北12条西4丁目の書店倉庫でアルバイトの女性の頭や顔を殴ったうえ首を絞めるなどして殺害しようとした疑いがもたれています。

 

参照:STVニュース


小松容疑者はこの書店の元アルバイト従業員でした。

 

被害にあった女性とは顔見知りだったことも分かっています。

 

事件のあった書店は

 

事件のあった書店は『北12条書店』です

北海道札幌市北区北12条西4丁目1−16

 

 

北大の近くの書店で、 北大をはじめ、大学の教科書も扱っている古書店です。

 

書店と何らかのトラブルか

 

小松容疑者は、警察の調べに対し、「やっていません。動機も手段もありません」と容疑を否認しているということです。


警察は小松容疑者とこの書店との間で何らかのトラブルがあったとみて現在捜査中です。

 

北12条書店では、トラブルについては回答しないとしているようです。

 

さらに、北12条書店では今回の事件についてツイートしています。

 

北12条書店のツイート

 

北12条書店で今回の事件についてのツイートです。

 

 

 

 

 

 

小松容疑者の犯行のために、猫もおびえているようです。

 

早く通常通りの営業ができることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です