千葉県松戸市役所で刃物を持った男が「今すぐ10万くれ」と脅迫。給付まで待てなかった驚きの理由とは?!

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

特別定額給付金をめぐり松戸市役所で刃物で脅したとして39歳の男が逮捕されました。

「今すぐ10万くれ」と刃物でおどす

銃刀法違反の現行犯で逮捕されたのは、松戸常盤平陣屋前、自称無職・大谷剛容疑者(39)です。

署によると、大谷容疑者は13日午前9時15分ごろ、松戸役所7階で、正当な理由なく包丁とカッターナイフを持っていた疑いがもたれています。

大谷容疑者は、国が支給する1人10万円の給付金を受け取ろうと千葉県松戸市役所を訪れた際、包丁などを所持していたとして、県警松戸署は13日、大谷剛容疑者(39)を銃刀法違反容疑で現行犯逮捕しました。

市によると、大谷容疑者は「今すぐお金がもらえないならここで死んでやる」と話していたといいます。

その祭、けが人はいなかったということです。

給付を待てなかった驚きの理由

実は、大谷容疑者は3,4日もご飯を食べていないといいます。

大谷容疑者は13日午前9時ごろ、市の特別定額給付金担当室を訪問。

「3、4日ご飯を食べていないので今すぐ10万円が欲しい」と話し、申請済みだと主張したが、職員は「順番に支払っている。今すぐお渡しはできない」と回答して、生活保護制度を案内したといいます。

大谷容疑者が「生活保護は受けている。今すぐお金がもらえないならここで死んでやる」と叫び、包丁を自身に向けたため、別の職員が通報しましたということです。

生活保護費にも新型コロナの影響が?

調べてみましたが、新型コロナの影響で生活保護費が削減されたり、おくれたりという事実はありませんでした。

それどころか、生活保護の場合、新型コロナのPCR検査は公費(生活保護の医療扶助)で受けられることになっています。

しかも、「本人が福祉事務所に行き、医療扶助を申請して医療券を受け取る」という通常の手続きは、省略可能となっている。

更に手厚くなっている印象です。

10万円もらえると思い保護費を先にパチンコかなんかに使ったのでしょうか?

どうやら久しぶりの食事は刑務所の中でになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です