名古屋の医師『津田真吾』違法薬物使用で逮捕。8年前にも逮捕され2年の「医業停止」処分。現在勤務している病院は

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

名古屋市の医師の男が違法薬物の使用で逮捕されました。

 

この男、8年前にも違法薬物の使用で逮捕されています。

 

名古屋市の医師が違法薬物使用で逮捕

 

名古屋市の医師の男が12日、覚醒剤を使用した疑いで逮捕されました。

 

逮捕されたのは名古屋市緑区の医師・津田真吾容疑者(52)で、4月上旬から12日までに何らかの方法で覚醒剤を使用した疑いが持たれています。

12日未明、名古屋市内の路上で不審な動きをしていた津田容疑者に愛知県警の警察官が職務質問し、尿検査の結果、覚醒剤の陽性反応が出たため緊急逮捕しました。

津田容疑者は「間違いありません」と容疑を認めていて、警察は覚醒剤を入手したいきさつなどを詳しく調べています。

東海テレビから引用

 

津田容疑者は8年前にも違法薬物の使用で逮捕されています。

 

8年前にも違法薬物で逮捕

 

8年前にも津田容疑者と思われる人物が違法薬物の使用で逮捕されています。

 

愛知県警中署は、豊田地域医療センター(愛知県豊田市)消化器外科長の医師、津田真吾容疑者(44)(名古屋市緑区藤塚)を覚醒剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕し、20日、名古屋地検に送検した。 発表によると、津田容疑者は18日午後10時15分頃、同市昭和区の路上に駐車した乗用車内に、覚醒剤約1グラムを隠し持っていた疑い。調べに対し「外国人から4万円で買った。約1年前から使用している」と供述しているという。同署で入手経路などを調べる。 同センターは豊田市の外郭団体。

2012年9月20日読売新聞から引用

 

2012年に44歳ですからいまは52歳です。

 

年齢と住所も一致します。

 

この逮捕で津田容疑者は、『医業停止2年』の処分となっているようです。

 

現在勤務している病院は

 

津田容疑者は「名古屋市緑区の医師」となっていますから現役の医師ということです。

 

違法薬物の使用で逮捕された後も、医師として勤務していたことになります。

 

津田容疑者の専門は消化器外科のようですから、『吉田病院』に同姓同名の医師がいました。

 

吉田病院:名古屋市千種区大久手町5-19

*いまはHPには載っていません。

 

『消化器外科, , 津田 真吾, 』

 

逮捕をうけてHPから削除したか、少し前に吉田病院を辞めていたものと思われます。

 

今回の逮捕で医師免許剥奪か

 

津田容疑者は2012年の1回目の逮捕では、おそらく不起訴か執行猶予がついた判決になったものと思われます。

 

しかし、今回の逮捕で2回目ですから実刑判決になる確率が高いです。

 

9年前から使用した違法薬物を再度使用したのがいつかは不明ですが、違法薬物を使いながら診察をしていた時期があるのは間違いありません。

 

 

さすがに今回の逮捕で医師免許は剥奪になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です