品川駅の当たり屋・古川直樹。因縁つけ140万円の腕時計買わせる

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

JR品川駅でみずからぶつかり因縁

 

JR品川駅で、ぶつかった相手に因縁をつけ、高級腕時計を買わせるという事件が発生しました。

詐欺の疑いで逮捕されたのは古川直樹容疑者(27)。

 

参照:FNNニュース

 

古川容疑者は、2019年6月、JR品川駅で、体がぶつかった40代の男性に対し、「メガネが壊れた」、「200万円くらいする」などとうそをついて示談をもちかけ、およそ140万円相当の高級腕時計を買わせた疑いが持たれています。

200万円?のメガネはもともと壊れていた

 

古川容疑者は、「メガネは元々壊れていた」と容疑を認めており、同じ手口の詐欺未遂で7月にも逮捕されていました。

 

200万円の眼鏡がどうのようなものだったのかは分かりませんが、自分から気の弱そうなお金持ちを狙ってぶつかり眼鏡が壊れたと因縁をつけ恐喝したのでしょう。

 

詐欺とかくとだましたように聞こえますが、腕時計を買わされた相手も200万円の眼鏡だとは思っていなかったでしょうから、脅されて仕方なくカードで買ったものと思われます。

昔からある手口だが

 

昔からわざとぶつかって肩の骨が折れたから示談金を払えとかありましたが、今のご時世でも同じようなことをやっている輩がいるとは・・。

おちおち人ごみも歩けません。

 

警察では古川容疑者に余罪があるとみて調べています。

 

こういう時は器物破損になりますから、警察に届出を出さないといけないと言って、近くの交番に駆け込みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です