夫婦が虐待の様子をスマホで撮影。10項目の誓約を破ると水風呂に

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

夫婦が長女を水風呂で殺害しようとする


福岡県筑紫野市で8歳の長女を水風呂に無理やり入れて虐待したとして、殺人未遂の疑いで内縁の夫婦が再逮捕されました。


夫婦はそれらの虐待の様子をスマホで撮影していました。


警察によりますと、殺人未遂の疑いで再逮捕された29歳の母親と内縁の夫の八尋潤容疑者(29)は去年12月、筑紫野市の自宅アパートで8歳の長女の手足を縛り、浴槽いっぱいに水を張った風呂に無理やり入れて放置し、殺そうとした疑いが持たれています。


参照:ANNニュース


参照:ANNニュース


参照:ANNニュース


県警は長女が特定されるとして、母親の名前を明らかにしていません。


叩くとアザができると水風呂に


発表では、2人は昨年12月29日朝、同市の自宅で裸の長女の両手足をひも状のもので縛り、水風呂に入れて放置した疑いが持たれています。


参照:FNNニュース



長女は虐待により、一時意識を失いました。


八尋容疑者は「たたくとあざが残ると思った」と話しているということです。


長女にあざができると虐待が発覚するため、水風呂に入れていたとは。


誓約書の約束を破った数で水風呂の時間を決める


2人は長女に対し、「うそをつかない」「わがままをいわない」など10項目にわたる誓約書を書かせ、それを破ると水風呂に入れていました。


時には数時間にわたるときもあったということです。


この誓約書は長女の机の前に張られていました。


約束を破った項目の数で水風呂に入れる時間が決められており、県警は繰り返し水風呂に入れていたとみています。


長女に10項目の「誓約書」を書かせる


長女が書いた誓約書です。


・うそをつかない

・いわれたことはいちどできく

・わがままをいわない

・やくそくをわすれない

・やることはじぶんでやる

・おこられることはしない

※項目は10項目あったが、県警は6項目のみ公表


この約束を破った数で、水風呂に入れられる時間が決められるとは。


親というより、人間のやることでしょうか。


虐待というより「いたぶっていた」という方がぴったりくるような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です