室蘭市立水元小学校・教頭「北洋のイージス艦」。差別的ツイートを繰り返すその正体が判明。

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

室蘭市立小学校の教頭が差別的ツイートを繰り替えしてたのが判明。

 

この教頭は、自主的自宅謹慎をしているとのことです。

 

匿名で人種差別的ツイート繰り返す室蘭の教頭


 

室蘭市立小学校の50代の男性教頭が、匿名でツイッターに人種差別的な投稿を繰り返していたことが30日分かりました。

 

室蘭市教育員会に9月26日以降、ツイッター上で教頭の身分を特定したとみられる複数の人物から苦情電話があり発覚。

 

 

教頭は市教委に投稿の事実を認め、同27日から自主的に自宅謹慎しているということです。

 

「北洋のイージス艦」こと柳瀬智雄

 

この教頭はすでに室蘭の水元小学校の柳瀬智雄教頭と特定されています。

 

 

ツイッター上の名前は「北洋のイージス艦」

 

「韓国は東京オリンピックをボイコットしてくれると信じたい」「欲しいものは勝手に韓国発祥にしてしまう連中」「韓国、北朝鮮、中国の特定アジア三国が大嫌いです」「DNAレベルで拒否反応を示します」とツイッター上でつぶやいていました。

 

現在、アカウントは削除されています。

 

処分レベルではないとする教育委員会

 

室蘭市教員委員会では、「犯罪ではないので、信用失墜行為で、処分レベルとしては今まで例がない」「保護者らの信用を無くしてしまう一面のある事案であり、関係機関と協議して今後の対応を決めたい」としており、教頭は「軽率だった。申し訳ない」と語っているということです。

 

 

 

いくら、ツイッターが匿名性があるとはいえ、あまりにひどい内容です。

 

私は処分レベルではなく、犯罪レベルだと思います。

 

自分の学校の生徒にも韓国や中国出身の生徒がいるのでは

 

ここまで、人種差別的な考えを持たれていると、この教頭の勤務する学校に韓国や中国出身の生徒は預けられません。

 

それに、ツイッターとはいえ、教育者とは思えないハレンチな内容もあります。

 

自主的な自宅謹慎では、甘すぎる処分といわざるを得ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です