小室佳代さんに新恋人?新しいパトロンをみつけたか。左手の薬指には真新しい指輪が

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

消息を隠していた小室圭さんの母親の小室佳代さんの姿を週刊女性がとらえました。

 

その左手の薬指には真新しい指輪をしていました。

 

参照:ニュースポストセブン

眞子さまの結婚延期から2年

 

秋篠宮家の長女・眞子さまの結婚延期が発表されてから、今年2月で丸2年。

 

小室圭さんは現在もニューヨークで留学生活を続けています。

 

一方、小室さんの母・佳代さんは、結婚延期の発端となった金銭トラブルの当事者ですが、何らかの説明をするどころか、その所在さえ不明となっています。

 

女性自身が小室圭の母、佳代をキャッチ

 

小室佳代さんの姿を女性自身がキャッチしたと報じています。

 

昨年12月20日の午前5時ごろ、小室母子の自宅マンションのエントランスに小室佳代さんが現れたということです。

 

参照:週刊女性

 

佳代さんはタクシーでマンションまできたようで、女性自身が取材を申し込むと顔を隠したということです。

 

左手の薬指には指輪が

 

佳代さんは、左手薬指にピンクのダイヤモンドのような宝石が入った真新しい指輪をしていました。

 

参照:週刊女性

 

夫・敏勝さんが亡くなってから、佳代さんは独身。

 

薬指の指輪は、いったいどうしたのでしょう。

 

誰かと密かに婚約か結婚をしている可能性があります。

 

佳代さんの生計は

 

佳代さんは一連の圭さんの騒動が起きるまで都内の洋菓子店で働いていました。

 

洋菓子店勤務時の月収は12万円ほど。

 

それも自宅マンションと父親の年金があってこその生活でした。

 

佳代さんは現在働いているという情報もなく、いったいどうやって生活しているのでしょう。

 

佳代さんは新しい恋人と一緒か

 

12月24日、クリスマスイブの早朝4時に佳代さんのマンションの前にワンボックスカーが停車。

 

マンションから佳代さんが現れ、車に乗り込んで行ったとのことです。

 

運転席には50代ぐらいとおぼしき小柄な男性が座っており、走り去ったワンボックスカーは、夜になってもマンションに戻ってくることはなかったと報じられています。

 

クリスマスイブを過ごした男性は

 

佳代さんは、借金騒動で騒がれている元婚約者の前に、数年間にわたり付き合っていた恋人の存在が明らかになっています。

 

お相手は、現在は70代で、金属のアクセサリーなどを装飾する「彫金師」として働いていた男性。

 

年齢的にはワンボックスカーの男性とは合致しません。

 

佳代さんに新恋人か

 

佳代さんの元婚約者は週刊女性の取材に次のように語っています。

 

「変な話ですが、婚約中に佳代さんとはキスすらしたことがないんです。彼女のほうから『そういう仲にはなりたくない』と言われていました。私も若いわけではないので、相手が望まないのであればそれでもいいと考えていましたが、いま振り返ってみると、私は財布代わりだったのかもしれません」

女性自身から引用

 

佳代さん母子の生活は、いつも佳代さんが交際している男性に支えられていたようです。

 

現在働いていない佳代さんは、元婚約者のような「パトロン」をみつけたのかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です