岡山済生会総合病院の医師「藤田俊彦」20代の女性を麻酔薬でもうろう状態にし堕胎させる。顔画像と経歴特定。自分の子どもか。

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

女性に麻酔薬を与え勝手に堕胎させた医師が逮捕

 

知人女性に無断で堕胎術を施し、けがをさせたとして、不同意堕胎致傷の疑いで岡山済生会総合病院(岡山市北区)の医師、藤田俊彦容疑者(33)が逮捕されました。

 

知人女性に無断で堕胎術を施し、けがをさせたとして、岡山県警は9日、不同意堕胎致傷の疑いで岡山市北区の外科医、藤田俊彦容疑者(33)を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は今年5月17日午後1~5時、勤務先の岡山市内の病院で、知人の20代の女性に無断で堕胎術を施し、1週間のけがをさせたとしている。女性は当時妊娠2カ月だった。県警は藤田容疑者が女性に麻酔薬を与えたとみている。

 県警捜査1課によると、女性から妊娠の相談を受けた藤田容疑者が「診察してあげる」と女性を病院に呼び出した。女性に堕胎の意思はなかったという。2日後の同月19日に同市内の主治医の産婦人科医を受診したところ、胎児の心音が聞こえないなどの不自然な状況があり、主治医が県警に通報した。

 同課によると、女性は藤田容疑者について「許すことはできない」と話しているという。

産経新聞から引用

 

藤田容疑者は、岡山済生会総合病院で妊娠約2か月の女性を麻酔薬でもうろう状態にして勝手に堕胎させました。

 

藤田容疑者は「私がやったことに間違いない」と容疑を認めています。

 

藤田容疑者の顔画像と経歴

 

岡山済生会総合病院のホームページによると、藤田容疑者は2012年に香川大学を卒業し、外科の副医長を務めています。

 

岡山済生会病院住所:岡山県岡山市北区国体町2−25

参照:岡山済生会総合病院HP

 

香川大学の医学部を卒業してからいくつかの病院で働き、現在、、岡山済生会病院で働いているものと思われます。

 

藤田容疑者のFacebookは

 

藤田容疑者のFacebookは現在特定できていません。

 

同姓同名はいますが、それらしい人物が見当たりません。

 

まとめ

 

20代の知人女性は「堕胎するつもりはなかった。許せない。病院でいつの間にか寝てしまった」と話しています。

 

藤田容疑者は、当然産婦人科は専門外です。

 

ただの知人を麻酔薬で眠らせ堕胎するとも思えません。

 

おそらく、藤田容疑者と20代の女性は交際していたと考えられます。

 

藤田容疑者が独身なのかどうかは今わかりませんが、不倫で子どもができたのか結婚するつもりもないのに子どもができたので流産させたものと思われます。

 

医師としてひとの命をどう考えているのでしょう。

 

許せない犯行です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です