岸本守(59)・7歳女児へのわいせつ行為で逮捕。過去3回の犯罪歴と顔画像が判明。5年ごとに犯行を繰り返す

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

59歳の無職の男が女児へのわいせつ行為で逮捕

 

横浜市で7歳の女児にわいせつな行為をした疑いで、59歳の無職の男が逮捕されました。

 

参照:FNNニュース

 

7歳の女児にわいせつな行為をした疑いで、59歳の無職の男が逮捕された。

無職・すく容疑者(59)は6月21日、神奈川・横浜市中区で、1人でいた小学2年の女児を駐車場に連れ込み、わいせつな行為をした疑いが持たれている。

岸本容疑者は、調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めている。

FNNニュースから引用

 

写真を撮るなと指を指しているのでしょうか。

 

参照:FNNニュース

 

目だけギョロギョロして、犯罪者丸出しです。

 

過去の犯罪歴

 

岸本容疑者には過去に犯罪歴がありました。

 

52歳の時

 

2014年の52歳の時に、強制わいせつ容疑で横浜市中区松影町の無職・岸本守容疑者(52)が、小学1年の女児(7)の下半身を触るなどして逮捕されています。

 

公園で遊んでいる女児に声をかけて、わいせつ行為に及んでいます。

 

この時には、「常々、小さい女の子に対してわいせつな行為をしたいという気持ちがある」と容疑を認めています。

 

47歳の時

2008年の47歳の時に、横浜市中区松影町の無職、岸本守容疑者(47)が強制わいせつ罪で逮捕されています。
横浜市中区内の路上で帰宅途中の近くに住む小学5年の女児(10)に「ちょっと来て」と声をかけ、女児の胸を服の上から触わ利、さらに約10分後に別の女児(10)の胸を触っています。
「小さい子が好きでかわいかったから」と容疑を認めています。

42歳の時

 

岸本容疑者は、2004年の42歳の時に、横浜市鶴見区栄町通の公園で小学2年の8歳の女の子が遊んでいたところに抱きつき、服の上から体を触るなどして、強制わいせつ容疑で逮捕されています。

 

岸本容疑者には、わかっているだけでこれだけの犯罪歴があります。

 

約5年に1回逮捕されており、この間は刑務所に入っていたものと思われます。

 

繰り返される犯罪

 

今回の少なくても4回目の逮捕は、前回逮捕されてから6年後の犯罪であり、また無職です。

 

刑務所から出ては我慢できなくて犯罪を犯しているのでしょう。

 

その度に小さい女の子が犠牲になっています。

 

 

この性癖は治りません。

 

私はやはり性犯罪者へのGPS着用は必要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です