摂津市立小学校の男性教諭・男性向けの風俗店でアルバイト。10回で10万円稼ぐ

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

女性教師や女性警察官が風俗店で働いていたという事件はありましたが、男性教師が男性用の風俗店でアルバイトをしていたという前代未聞の事件が起きました。

 

直接生徒に危害を加えたわけでないのですが、教師が風俗店でアルバイトというのはいただけません。

摂津市立小学校の男性教諭が男性向け風俗店でアルバイト

 

大阪府摂津市立小学校の男性教諭(29)が8~10月に男性向けの風俗店で働いていたことが1日、市教育委員会への取材で判明しました。

 

地方公務員法(営利企業等の従事制限)に違反するとして府教育庁は懲戒処分も視野に処分を検討しているということです。

 

1日に保護者会を開催

 

市教委によると、教諭は8月から公休日に大阪市内の風俗店で働いていたことが先月29日に発覚し、聞き取りに対し「お金を得るため」と動機を説明しているということです。

 

教諭は現在担任を外れ、学校は1日夜に保護者に説明会を開くとしています。

 

風俗店で10回程度働き10万円を得る

 

市教委によると、教諭は2014年度に採用され、摂津市内の小学校に勤務。

 

SNSを通じた知人の紹介で、今年8~10月の公休日に風俗店で10回程度働いたということです。

 

この教諭は、この10回の出勤で約10万円の収入を得たと語っています。

 

10回で10万円というのは安い気がするが

 

この小学校教諭は1回の出勤で1万円の収入を得ていたことになります。

 

風俗店で働いたにしては安いような気がします。

 

それに1日1万円なら、風俗店で働かなくても警備のバイトの方が稼げます。

 

わたしは、この教師がわざわざ「お金のため」を強調しているのは、自分の性癖を隠すためのような気がしてなりません。

 

教師の副業でも風俗店はNG

 

先日は女性教師が風俗店でアルバイトをして懲戒処分を受けました。

 

また女性警官も風俗店でアルバイトをしていたのが発覚しています。

 

しかし、いままで男性教師が男性用の風俗店でアルバイトをしていたというのは聞いたことがありません。

 

確かに地方公務員法のアルバイト禁止違反は懲戒処分になるでしょうが、風俗店で働いている時点でモラルに欠けており教師の資格はないと言わざるを得ません。

 

27歳の美人女性警官が風俗店でアルバイト。ホストにはまったか⁉︎その裏に隠された真実とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です