明石署「山田幸平」警部補。電車内で20歳の女性の前にかがみ込みスカートをめくりあげ逮捕。酔って電車を乗り過ごしての犯行か

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

明石署の警部補が痴漢行為で逮捕されました。

 

かなり酔っての犯行だったようです。

電車内で痴漢行為をした警察官が逮捕

 

電車内で女性のスカートをまくり上げたとして、兵庫県警三木署は22日、同県警明石署地域1課の警部補、山田幸平容疑者(53)=神戸市北区北五葉2丁目=を県迷惑防止条例違反(痴漢)容疑で現行犯逮捕しました。

 

三木署によると「やっていません」と否認しているということです。

 

20歳の女性のスカートを電車内でまくりあげる

 

山田容疑者の逮捕容疑は、21日午後10時45分ごろ、神戸電鉄栗生線の下りの準急列車の中で終点の志染駅に着く直前に、座っていた20歳の女性の前に立ち、かがんでスカートのすそを持ち上げたとしています。

 

車内に客は少なく、改札で女性からの申告を受けた駅員が近くにいた山田警部補をその場で逮捕したということです。

 

午後3時ごろから飲酒

 

山田容疑者は21日は明石署に出勤し、午後3時ごろに勤務を終え、飲酒して帰宅中だったということです。

 

明石警察署から志染駅までは電車で約1時間半。

 

そうすると、電車に乗っている時間を含めると6時間以上もお酒を飲んでいたと思われます。

 

 

電車内ではすでに酩酊状態だったのでしょう。

 

「私はやっていません」というより、「酔っていて記憶がありません」の方が正しいのかなとも思います。

 

自分の最寄駅を乗り過ごす

 

山田容疑者の住所は、神戸市北区北五葉2丁目。

 

最寄駅は、栗生線の「西鈴蘭台駅」です。

 

逮捕されたのは、終点の「志染駅」の手前。

 

完全に乗り過ごしていますね。

 

 

酔っ払っての痴漢行為か

 

山田容疑者の足取りからいくと、明石警察署を午後3時ごろにでて、どこかで酒を飲み電車に乗って帰宅する途中に、痴漢を行為を働いたことになります。

 

しかし、終点の駅まで行ってそれからどうするつもりだったのでしょうか。

 

この事件、ネットでは冤罪説もありますが、わたしは酔って意識のない山田容疑者が、本能にまかせ目の前にいた女性のスカートの中を覗こうとしてやったと思います。

 

おそらく、山田容疑者は数ヶ月の停職処分から自主退職になるものと思われます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です