札幌ではススキノもガラガラ。スーパーでは食材までなくなる。緊迫感が広がる北海道

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

全国的に大騒ぎになっている新型コロナウイルス。

北海道では、さらに大変なことになっています。

週末はファミレスも閉店

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、北海道で「緊急事態宣言」が出されて初の週末となった29日、道内の繁華街や観光地は人出が少なく閑散としています。

札幌ではファミリーレストランも閉店。

多くのひとが集まる多くの店は閉店になっています。

道の要請を受けた形になります。

 

ススキノもガラガラ

 

 

道内最大の歓楽街ススキノも、いつもの週末の半数ほどしか人が出ていません。

飲食店では予約のキャンセルが相次ぎ、貼り紙で臨時休業を告げる店もありました。

他の区の人気の居酒屋でも、いつもは満席の時間に2、3組みしかいませんでした。

 

旭山動物園もまばら

 

観光客に人気の旭川の旭山動物園では、団体客や親子連れの姿はまばら。

同園は当面、屋内イベントを取りやめました。

坂東園長は「外国人だけでなく、日本人も敬遠して来場者は激減している」と話しています。

 

DCMホーマック滝川店でも感染

 

DCMホールディングス傘下のDCMホーマック(札幌市)では28日、滝川店の従業員が新型コロナウイルスに感染したと発表し、28日から休業しています。

この40代男性の感染者は、21日に発熱し病院で受診した後、いったん出社しましたが、その後は休んでいます。

発熱前の18~20日は札幌本社で研修に参加していたということです。

 

北海道では食材も買い占め

 

全国的でもあるらしいですが、札幌のスーパーではマスクやトイレットペーパーだけでなく食材もなくなっています。

いつ収束するのか不明な新型コロナウイルス。

不安が拡大しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です