東尋坊監禁転落死・主犯格は19歳⁉︎凶悪事件の原因は仲間割れか。悲しみにくれる母

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

20歳の男性が車のトランクに監禁され生きたまま殺害された事件。

 

殺害された男性の家庭環境などを週刊女性プライムが報じています。

集団リンチのうえトランクに監禁された嶋田友輝さん

 

集団リンチのうえ、車のトランクに監禁され生きたまま東尋坊で殺害された滋賀県東近江市の嶋田友輝さん(20)。

 

10月19日の朝、嶋田さんは東尋坊の海に浮かんで死亡しているのが発見されました。

 

滋賀県警は、18日の午前9時から午後6時の間、滋賀県彦根市から100キロ以上離れた福井県坂井市に向かうレンタカーのトランク内に嶋田さんを監禁した容疑で、長浜市のとび職、上田徳人容疑者(39)ら7人を逮捕しました。

 

生きたまま東尋坊で殺害した少年たちを逮捕

 

17日の深夜、嶋田さんや上田容疑者の知人から、上田容疑者や少年たちが嶋田さんを暴行しているという通報が、彦根署にあり警察が捜査していたところ、18日の午後10時半ごろ、滋賀県多賀町のサービスエリアで少年らが乗っていたレンタカーを発見して逮捕。

 

21日には司法解剖の結果、嶋田さんの死因が、生きたままおよそ20メートルの崖から転落して、岩に頭を強く打ちつけて死亡したことによる脳挫傷と判明。

 

身体には無数の暴行による打撲痕がありました。

 

嶋田さんが過去にも警察沙汰に

 

嶋田さんの友人が週刊女性プライムに語ったところによると、いわゆるワルのグループとの付き合いがあった嶋田さん。

 

逮捕された少年らと、さらに別のグループとのいざこざになって警察ざたになったこともあるということです。

 

今回の事件は、その仲間たちとの仲間割れが原因の可能性が強いと思われます。

 

嶋田さんの家庭事情

 

15年ぐらい前、嶋田さんの母親が離婚して、子ども2人を連れて公営住宅に引越したそうです。

 

母親は、当初は母子手当や、生活保護も受けていたようですが、その後介護の仕事をしながら、女手ひとつで嶋田さんたちを育てたとのことです。

 

長男はまじめで、友輝さんはヤンチャ。

 

2年ほど前に嶋田さんが家を出て、長男も家を購入して独立すると、母親も公営住宅を引っ越したということです。

 

そして、嶋田さんは高校を2年で中退し、母親の影響で介護の仕事や、建設現場の仕事などに就いていました。

 

母親は友人に「悲惨な顔になっとるから、見んといてほしい……」と告げるほど、悲しみにうちひしがれているということです。

 

主犯格は19歳の少年

 

捕まった最年長の上田容疑者も建設現場を転々としており、アルバイトという形での雇用でした。

 

この上田容疑者は意外にも職場での評判はよく、朝が早い仕事ですが遅刻もせず性格は温厚。

 

報道では上田容疑者ひとりが成人のため名前が出ていますが、知人がいうには主犯格は19歳の少年とのことです。

 

この19歳の少年に頼まれ、上田容疑者が手伝った形だと語っています。

 

本当のことをいって欲しいと語る友人

 

嶋田さんを女手一つで育てた母親の悲しみはどれだけのものなのか計り知れません。

 

事件後、嶋田さんの友人たちは東尋坊へ出向き、花束や嶋田さんが好きだったタバコなどを海に投げて、その死を悼んだそうです。

 

嶋田さんが東尋坊でどのように亡くなったのかまだ分かっていません。

 

犯人たちがまずは正直に警察に経緯を話すことが、亡くなった嶋田さんに対しての弔いになるのではないでしょうか。

 

『滋賀トランク監禁事件』上田徳人らがリンチのうえ生きたまま東尋坊で殺害。マスク越しの顔画像 『東尋坊殺人事件』上田徳人・集団リンチのうえトランクに入れ東尋坊へ。生きたまま突き落としたか 『自殺の値段』華厳の滝に飛び込んだ男性の引き上げ費用はいくら?遺族に請求がいく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です