父親から死ねと言われていた。逮捕された世田谷の21歳女性、父親から虐待の可能性も!

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

警察によりますと、東京・世田谷区のアパートで同居する父親とみられる男性の背中などを包丁で刺して殺害したとして、21歳の女が逮捕されました事件で、「父親から死ねと言われていた。」と供述している事が明らかとなりました。

事件の経緯

2月21日午後5時半ごろ、世田谷区大蔵の自宅アパートで父親とみられる男性の背中や胸などを包丁で複数回刺して殺害した疑いで、娘の鎌田くるみ容疑者(21)職業不詳が逮捕されました。

男性はアパートの前で倒れていて、駆け付けた警察官がアパートから約1キロの路上で鎌田くるみ容疑者を見つけ、身柄を確保しました。鎌田容疑者は「自分の父親を自宅にある包丁で突き刺した」と容疑を認めているということです。父親は病院に搬送されましたが死亡が確認されました。

父親は50代で娘と2人で暮らしていました。

動機について

これまでの調べで鎌田容疑者は、「父親から死ねといわれていた」「父親から手で殴られたり、物で殴られたりしていた」と供述していて、虐待を受けていた可能性もあるという。

警察に相談していた

2月上旬ころ、鎌田容疑者は警察署に「父親から身体的・精神的な嫌がらせを受けている」と相談していた事がわかりました。これに対して警察では父親に口頭で注意していたという。

『2人が暮らしていたと思われる自宅』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です