韮崎市の駐車場で福島幹雄(40)が10代後半の女性の首をナイフで刺す。別れ話のもつれか。SNSは不明

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

40歳の会社員が10代の女性の首を刺す

 

埼玉県で40歳の男が10代の女性の首をナイフで刺し、殺人未遂で逮捕されました。

 

参照:NHKニュースweb

5日午前、山梨県韮崎市の駐車場で県内に住む10代の女性がナイフで首を刺される事件があり警察は埼玉県の40歳の男を緊急逮捕しました。女性は命に別状はないということです。
殺人未遂の疑いで逮捕されたのは埼玉県本庄市の自称会社員、福島幹雄容疑者(40)です。
警察によりますと福島容疑者は5日午前9時半頃、韮崎市の「みだい体育センター」の駐車場で車の中に一緒にいた県内に住む10代の女性の首をナイフで刺した疑いが持たれています。
近くを通った人から「首を刺されたという女性がいる」と通報があり駆け付けた警察官がナイフを持っていた福島容疑者を見つけ緊急逮捕しました。
女性は首の左側をナイフで刺されましたが全治1か月のけがで命に別状はないということです。
二人には面識があり、調べに対し福島容疑者はあいまいな供述をしているということです。

UTYニュースから引用

 

20歳以上も年が離れたこの2人の関係が謎です。

 

福島容疑者のSNSは

 

福島容疑者のSNSは現在特定できていません。

 

余罪もありそうですがヒットするものがありません。

 

まったくの謎の人物です。

 

福島容疑者と10代女性の関係は

 

福島容疑者は埼玉県から山梨県まで車できていますから何らかの目的があったものと思われます。

 

10代女性は、プライバシーのため名前は非公表。

 

援助交際がもっとも考えやすいですが、それも不確かです。

 

40歳の男が10代の女性を殺害しようとしていますから、2人はネットで知り合って交際に発展し、別れ話のもつれから殺害というところでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です