鎌田憲一さんの顔画像が判明。2人暮らしの父と娘に何が?「事件の夜に断末魔!」目撃者が事件について語った。

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

2月21日午後5時半ごろ、世田谷区大蔵の自宅アパートで父親とみられる男性の背中や胸などを包丁で複数回刺して殺害した疑いで、職業不詳、娘の鎌田くるみ容疑者(21)が逮捕された事件で、殺害された鎌田憲一さんの顔画像が文集オンラインで公開されました。

鎌田憲一さんの顔画像

『提供:文春オンライン』

事件の経緯

2月21日午後5時半ごろ、世田谷区大蔵1丁目の「メゾンタツミ」約55平米の2LDK、家賃11万円のアパート

父親とみられる男性の背中や胸などを包丁で複数回刺して殺害したとして、娘の鎌田くるみ容疑者(21)職業不詳が逮捕されました。

父親はアパートの前で倒れていて、駆け付けた警察官がアパートから約1キロの路上で鎌田くるみ容疑者を見つけ、身柄を確保しました。鎌田容疑者は「自分の父親を自宅にある包丁で突き刺した」と容疑を認めているということです。父親は病院に搬送されましたが死亡が確認されました。

父親は50代で娘と2人で暮らしていました。

夜中に断末魔

2月21日夕方5時過ぎ、閑静な住宅街で突如、断末魔の叫びが響きわたったという。

「突然、『ウォー!』という男の叫び声が聞こえたかと思ったら即座に救急車のサイレン音が近づいてきたのです。慌てて外に出ると、アパート前の駐車場におじさんがうつ伏せで倒れており、救急隊員が取り囲んでいました。近所の人が『鎌田さん! 鎌田さん!』と呼びかける中、蘇生処置が行われましたが、鎌田さんはぐったりしていて、呼びかけには全く応じなかった」

『引用:文春オンライン』

母親は死去、精神不安定に

くるみ被告が小学生の時に、母親が亡くなり父親と2人で暮らすことになった。

知人の話では、くるみ被告は定時制高校に在籍していたものの、年間数日しか登校していなかったようです。

21歳、職業不詳。ひきこもりという話です。

本当に虐待?疑問の声

様々なメディアで、くるみ被告の供述が「殺すと言われた」と報道しているが

ひきこもりの娘に対し「殺して俺も死ぬ」と「殺すと言われた」では、受け取り方が変わってきますね。

ひきこもりの娘に悩んで発した言葉ともとれます。

文春によるとタクシー関係者からの証言で子煩悩な一面がみられます。

奥さんが亡くなってから夜型の勤務を昼型に変えようとしていました。『夜は娘と過ごしたい』と子煩悩な様子を見せていたのに……」(タクシー関係者)

『引用:文春オンライン』

暴力を振られたと供述しているようですが、くるみさんの身体には形跡はないようです。

すべては娘が憲一さんの言葉や態度を、どう受け止めたのかだと思いますが、ひきこもりの娘を想った父の愛情を悪い方に受け止めた為におきた事件だとしたら、やりきれないですね。

いつの世も、父親の愛情表現というものは娘には伝わりづらいものです・・・。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です