EXIT・兼近を襲った「文春砲」。札幌での過去の逮捕歴。ススキノの闇

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

札幌出身のEXIT・兼近。

 

チャラ男芸人とし現在ブレイク中です。

 

ブレイクすれば、過去の悪さが暴露される・・というよくある展開が待っていました。

 

「文春砲」です。

ブレーク芸人EXIT兼近の過去の逮捕暦を文春が

 

現在、ブレイクしている芸人で「EXIT」というコンビをご存知でしょうか。

チャラ男を演じてはいますが、実は2人とも真面目というギャップが受けているようです。

 

 

闇営業問題がまだくすぶっている、吉本興業の人気芸人です。

 

芸人だけでは食べていけない芸人がアルバイトや副業を行なっていますが、その副業が、チャラ男キャラなのに、ベビーシッターや介護の仕事であることや、高校中退後にバイトに明け暮れ、家族を援助していたことをテレビ番組で明かすなど、見た目とは対照的な善人キャラが話題を呼んできました。

 

ちなみに、兼近の副業はベビーシッターです。

兼近大樹の逮捕歴を文春砲が

 

EXITのボケ担当である兼近大樹(28)が、2011年11月、売春防止法違反の疑いで北海道警厚別署に逮捕されていたことを「週刊文春」が報じました。

 

兼近の地元は北海道札幌市。

 

直接の逮捕容疑は2011年4月に、札幌市の高校3年の女子生徒(当時19)に、携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合った男性と市内のホテルでいかがわしい行為をさせ、現金1万5000円を受け取らせたというもの。

 

女子生徒は『小遣いほしさに男性100人くらいと関係を持った』と供述しており、兼近は容疑を全面的に認め、罰金刑の有罪判決を受けています。

 

この事実については、兼近も認めています。

吉本がかんこう令

 

兼近自身、この逮捕歴についてはずっと話したかったと文春の取材に応えています。

 

しかし、吉本興業の広報が、一連の闇営業騒動の際に、本人から報告を受けましたが、非常に高度なプライバシー情報であることから公言をする必要はないのではないかとアドバイスしたと語っています。

 

兼近は、やっと本当のことを語れたと逆に喜んでおり、この報道で逆に「好感度」が上がっています。

 

過去の逮捕が分かって、好感度が上がるというのも兼近の若い時の極貧生活に起因するものです。

地元札幌での兼近

 

兼近は札幌で、4人兄弟の次男として生まれ、札幌の小中学校と進み定時制高校に入学。

 

両親は離婚し兼近は母親に引き取られました。

父親はその後自己破産。

 

兼近は、定時制高校を中退し、鳶職や新聞配達のアルバイトをして家に10万円を入れていたということです。

 

その一方で、18歳頃にはススキノにある大手風俗チェーンの従業員としても働いていました。

 

その時に、この売春の斡旋とホストの1000万円の盗難事件にも関わっていたと文春は報じています。

(この部分の詳細については文春と兼近の言い分が食い違う)

逮捕され上京して「芸人」を目指す

 

兼近は一連の事件以降、札幌の知人たちとの関係を断ち切って裸一貫上京し、アルバイトをしながら「芸人」を目指したということです。

 

北海道一の歓楽街ススキノ。

裏通りには、いまでも怪しい人間が立っています。

 

そのススキノの風俗関係で働いていれば、逮捕歴のひとつやふたつあっても不思議ではありません。

 

そこに埋もれるか、まともな道に戻るか。

 

逮捕歴は本当のことのようですが、その後アルバイトをしながら芸人としてブレイクしたのも事実です。

ツイッターで謝罪

 

兼近は今回の事件についてツイッターで謝罪しています。

 

 

本人も「過去の法律違反を肯定する気も美談にする気もありません」とつづっています。

 

ススキノの闇から抜け出た兼近。

 

わたしは、兼近の『これから』を見ていくしかないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です