「五龍会」の青木和重会長の自宅に「福島連合」の塚本大平が車で突っ込む。山口組の札幌での抗争激化

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

札幌市西区にある暴力団会長の家に敵対する組の車がバックから突っ込みました。

 

暴力団会長らにケガはありませんでした。

 

「五龍会」会長の自宅に乗用車が突っ込む

 

9日朝、札幌で指定暴力団神戸山口組系の暴力団会長の自宅に乗用車が突っ込みました。

 

参照:HTBニュース

 

19日午前8時ごろ、札幌市北区新川西1条7丁目、指定暴力団神戸山口組系「五龍会」の青木和重会長(56)の自宅兼事務所1階車庫にワンボックスカーが突っ込みました。

 

札幌・北署員が駆け付けたところ、現場で金属製のスコップを振り回す男を発見し、建造物損壊の疑いで現行犯逮捕しました。

 

男は札幌市東札幌5条4丁目の職業不詳塚本大平容疑者(43)。

 

参照:HTBニュース

 

青木会長にケガはありませんでした。

塚本容疑者は「福島連合」の関係者

 

北海道警は塚本容疑者を指定暴力団六代目山口組系「福島連合」(札幌市中央区南八条西5)の関係者とみており、組同士の抗争の可能性が高いとして背景などを調べています。

 

福島連合は六代目山口組の3次団体になります。

 

ASKA元被告に違法薬物を売ったとされています。

 

北署などによると、塚本容疑者はワンボックスカーで後部から突っ込み、シャッターを突き破り、車庫にあった青木会長の車のフロントガラスが割られ、建物の窓ガラスに鉄パイプが刺さっていました。

 

参照:HTBニュース

 

拳銃も持たずに組事務所に車で突っ込んだということは、もともと青木会長を殺す気はなかったということでしょう。

 

「五龍会」とは

 

五龍会の住所は「北海道札幌市北区新川西1条7-3-18」

 

 

参照:ANNニュース

 

青木会長は札幌市に本部を置く山口組の直系組織『誠友会』の若頭代行でしたが、破門されて『一竜会』として独立。

 

山口組分裂前から神戸山口組の中心組織『山健組』との距離が近く、移籍を疑われて破門されたようです。

 

2016年に山健組に同じ名称の団体があったため五龍会と改称して合流しました。

 

2016年にも同様の事件が

 

2016年に、五龍会の会長宅に乗用車で突っ込み、車庫のシャッターなどを壊したとして、指定暴力団六代目山口組系誠友会幹部 辻野長晴容疑者(42)ら5人が組織犯罪処罰法違反容疑で逮捕されています。

 

「五龍会」はもともと六代目山口組の誠友会の傘下にある組でしたが、2016年7月神戸山口組に参画し、直系団体となりました。

 

この時の事件は誠友会を脱退し、敵対している神戸山口組側に参画したことに対する報復とみられています。

 

六代目山口組と神戸山口組の抗争が激化

 

六代目山口組と神戸山口組の抗争が、日本のあちこちで起きています。

 

北海道には神戸山口組傘下の組が少ないのですがやはり抗争は起きました。

 

塚本容疑者は完全なる「鉄砲玉」で、もし「五龍会」の組員が拳銃等で塚本容疑者に対抗していたら銃刀法違反で一緒に逮捕されていたでしょう。

 

この山口組の抗争。

 

札幌市民を巻き込むのだけはやめてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です