『カボチャあんぱん』新妻賢二(70)新型コロナに便乗してパン5個だましとる。Facebookと目的は?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

新型コロナに便乗した詐欺がでています。

 

そんな中、旭川の70歳の男が、子どもたちにパンを配ると嘘をいって詐欺をはたらきました。

旭川の70歳の男が「カボチャあんぱん」を詐欺

 

旭川市の新妻賢二容疑者(70)が、新型コロナに乗じて「カボチャあんぱん」5個を詐欺した疑い逮捕されました。

 

詐欺の疑いで逮捕されたのは、旭川市の新妻賢二容疑者70歳。新妻容疑者は今月7日、旭川市内のパン販売店で、町内会の関係者を装い、「カボチャあんパン」5個・計700円相当をだまし取った疑い。警察によると、新妻容疑者は「新型コロナウイルス」の影響で、子どもたちが集まれずかわいそうなので、町内会の子どもに配るパンが欲しい」「別の人が購入するパン代と一緒に、町内会の会計で支払う」などとウソを言って犯行に及んでいだ。警察の調べに新妻容疑者は、容疑を否認しているという。

参照:STVニュース

 

新妻賢二容疑者とはいったいどんな人物なのでしょうか。

 

どこのパン屋か

 

このカボチャあんぱんは5個で700円です。

 

1個あたり140円。

 

 

旭川市にあるパン屋でカボチャあんぱんを1個140円で販売している店は特定はできませんでした。

 

SNSは?

 

この「新妻賢二」でFacebookを検索しても該当する人物はでてきません。

 

70歳という年齢からいってもSNSをやっていない可能性が高いです。

 

顔画像も今のところ発表されていません。

 

「カボチャあんぱん」を盗んだ目的は

 

新妻容疑者は、なぜ「カボチャあんぱん」を盗んだのでしょうか。

 

おそらく「カボチャあんぱん」が好物だったのでしょう。

 

 

痴呆症なら子どもたちに配るなどの嘘はでてこないでしょうから、自分で食べたいけれどお金を払いたくなかったと推測されます。

 

700円のカボチャあんぱんで実名報道ですから、この手の犯罪を繰り返していた人物だと思われます。

 

少額とはいえ新型コロナに便乗して詐欺を働くとは許せません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です