『コロナばらまくぞ男』80代父親はマッサージ師で60代女性が感染。フィリピンパブでハウンドドックを熱唱

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

「コロナをばらまいてやる」といって蒲郡市の飲食店に出かけた「コロナばらまくぞ男」。

 

その時の様子を文春オンラインが報じています。

コロナばらまくぞ男の父親はマッサージ師

 

50代の蒲郡市の男が新型コロナが陽性にもかかわらず、居酒屋とフィリピンパブに出かけ「コロナをうつしてやる」と店の従業員たちに語った事件。

 

その父親はマッサージ師で、施術した客に感染していたことが判明しました。

 

参照:東海テレビ

 

蒲郡市在住60代女性は発熱に下痢

 

この感染した蒲郡市の60代の女性は、3月3日に感染が判明したマッサージ師の80代男性に2月24日、施術を受けていました。

 

2月29日に熱や下痢などの症状、3月6日に37.4度の熱が出たため医療機関を受診し、7日の検査で陽性判定がされました。

 

「コロナばらまき男」はフィリピンパブで女性の肩を抱き熱唱

 

コロナばらまき男がフィリピンパブで女性の肩を抱き、カラオケでHOUND DOGとキャロルの曲を気持ち良さそうに歌っている様子が文春オンラインで公開されています。

 

参照:文春オンライン

 

無理やり女性を近づけさせ、歌を歌っています。

 

コロナウイルスが陽性なのに信じられない光景です。

 

「陽性」だと言って店を追い出される

 

この男、最初は1人で歌っていたものの、あとは女性を無理やり抱き寄せ歌い、コロナウイルスが陽性だと分かると店から追い出されます。

 

80代の父親を働かせて、いったい何をしているのでしょう。

 

あきれてものも言えません。

 

パブの店長は「テロ」だと語る

 

このパブの店長は、これは「テロ」。

 

厳重な処罰をしてほしいと語っています。

 

翌日、軽傷で入院したこの男。

 

人騒がせではすみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です