『ノリと面白半分』16歳の少年4人が帯広市の柏林台交番に消火器を噴射。帯広で警察へのいたずらが頻発する理由

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

帯広の交番に16歳の少年4人が消火器を噴射するという事件がおきました。

 

帯広では、警察へのいたずらが頻発しています。

 

16歳の少年4人が威力業務妨害で逮捕

 

北海道帯広市の交番内に消火器を噴射したとして、威力業務妨害の疑いで16歳の少年4人が逮捕されました。
 

18日午前2時15分ごろ、帯広警察署柏林台交番内で消火器が噴射されました。警察は帯広市に住む高校生や土木作業員などいずれも16歳の少年4人を威力業務妨害の疑いで逮捕しました。4人は「交番にいたずらしようという話になって、ノリや面白半分でやってしまった」と話しているということです。消火器は周辺の飲食店から持ち出されたものとみられています。
警察によりますと、当時柏林台交番は警察官が不在で施錠されていませんでした。交番から帯広警察署に直通電話での連絡があり対応したところ応答がなく、近くの警察官が交番に向かったところ被害を発見したということです。

HTBニュースから引用

 

 

面白半分でも交番に消火器でいたずらなど普通しません。

 

柏林台交番の場所

 

柏林台交番:北海道帯広市西16条南2丁目15−11−9

 

 

若者がたむろするディノスやゲオの近くにあります。

 

少年たちが狙いやすい場所といえば場所です。

 

ほかにも帯広警察に向けてのいたずらが多発

 

帯広市内では警察署や交番が被害に遭う事件が相次いでおり、去年5月には帯広警察署にロケット花火や爆竹などを打ち込んだとして少年らが逮捕され、今年1月には20歳の男が「仕事でむしゃくしゃした」という理由で帯広警察署に車を衝突させる事件がありました。

『久保翼』北海道警帯広署に車で突っ込み逮捕。動機は「仕事でむしゃくしゃしていた」 『警察官をからかいたかった』帯広警察署に花火打ち込む。少年5人逮捕

帯広警察だけ狙われる理由

 

普通、警察署は逮捕されるリスクが高いので襲ったりしません。

 

逮捕されてからも、警察の取り調べがきつくなることも想像できます。

 

帯広市の場合、北海道の第4の都市と呼ばれ、私的には旭川よりも発展している感じがします。

 

しかし、中途半端な街のために昭和的ヤンキーが多数います。

 

 

その度胸試しに、帯広警察が使われているようです。

 

『久保翼』北海道警帯広署に車で突っ込み逮捕。動機は「仕事でむしゃくしゃしていた」 『警察官をからかいたかった』帯広警察署に花火打ち込む。少年5人逮捕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です