『京アニ』『冗談』で脅迫した山崎幸夫63歳。やっぱり逮捕・札幌

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

『京アニの北海道版になるかも』と強白

 

「LINE」のメッセージに「京都アニメーションの北海道版になるかも」と書き込んで元派遣先の上司を脅したとして、道警札幌中央署は25日、派遣社員の山崎幸夫容疑者(63)を脅迫の疑いで逮捕しました。

 

山崎容疑者の逮捕容疑は25日午前10時35分ごろ、山崎容疑者が登録する派遣会社の上司に業務用のLINEを使い、派遣先だった介護施設の男性社員(36)の名前を挙げて「復讐(ふくしゅう)に行ってきます、京アニの北海道版になるかも?」とメッセージを送信したとしています。

 

山崎容疑者は介護施設で働いていましたが、勤務態度が悪いとして、6月上旬で派遣を打ち切られていました。

 

警察の調べに対し人材派遣会社にLINEを送ったことを認める一方で「冗談のつもりだった」と供述しているということです。

 

吉本の社長のように「冗談のつもり」では通らなかった山崎容疑者

 

63歳の山崎容疑者ですが、トレンドには詳しいようで「京アニ」「冗談のつもり」など最近流行の言葉を使っています。

 

 

吉本の社長は宮迫らへのパワハラを「冗談のつもり」で誤魔化しましたが、山崎容疑者は逮捕されました。

 

やはり世間的には脅迫に「冗談のつもり」は通じません。

 

おそらく山崎容疑者は不起訴になると思われますが、いっていい冗談とダメな冗談くらい63歳にもなれば分かりそうなものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です