『盗撮依存症か』50代の奈良警察の巡査長が近鉄五位堂駅で盗撮し逮捕。12月から精神疾患で長期休暇中

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

精神疾患で12月から長期休暇をとっていた50代の男性巡査長が盗撮で逮捕されました。

 

刑事責任が問えるかどうかが問題です。

50代の男性巡査長が現行犯逮捕

 

女性のスカートの中を盗撮しようとして、奈良県内の警察署に勤務する50代の男性巡査長が迷惑防止条例違反で現行犯逮捕されました。

 

参照:関西テレビ

 

男性巡査長は3月21日午後5時半ごろ、奈良・香芝市にある近鉄五位堂駅のエスカレーターで、10代の専門学校生の女性に対し、ワンピースの下からスマートフォンを差し入れて盗撮しようとしました。

 

この男性巡査長は容疑を認めています。

 

一般市民に取り押さえられる

 

この男性巡査長の動きを不審に思った目撃者の男性が、その場で巡査長を取り押さえました。

 

 

警察によると、男性巡査長は精神疾患を患い、去年12月から特別休暇を取っていたということです。

 

おそらく実名がでていないのも、刑事責任を問えるかどうかという問題からでしょう。

 

近鉄五位堂駅の場所

 

近鉄五位堂駅:奈良県香芝市瓦口

 

 

住宅街の最寄駅で、コンビニや銀行も近くにあります。

 

五位堂駅は盗撮が多い

 

五位堂駅には「盗撮注意」の看板が貼ってあります。

 

参照:関西テレビ

 

エスカレーターがかなり長いですから盗撮が行いやすい場所です。

 

おそらく、盗撮行為が多発している場所だと思われます。

 

精神疾患のはずでは

 

この男性巡査長は、精神疾患を患い、去年12月から特別休暇を取っていました。

 

どのような精神疾患か不明ですが、うつ病等なら盗撮を行う元気もないはずです。

 

12月以前に「盗撮」を行い、それが見つかり「精神疾患」として自主的に長期休暇を取っていただけかもしれません。

 

盗撮依存症か

 

もう一つ考えられる、精神疾患は「盗撮依存症」です。

 

ストレス発散やスリルを求め「盗撮行為」がやめられなくなる病気?です。

 

盗撮の再犯率は30%とも言われています。

 

それなら、きちんと病院に入院し治療をしなければなりません。

 

ただし、これ以上警察官を続けるのは無理だと思いますが・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です