『警察官二股不倫』長崎県警の男性巡査長が一般女性と警察署の女性事務員との不倫で訓戒処分。

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

 

長崎県警の30代の巡査長が妻がいながら、同時期に2人の女性と不倫をし、訓戒処分となりました。

 

不倫はあくまで民法上の問題ですが、2人と不倫というのがいきすぎていたようです。

二股不倫で訓戒処分

 

結婚しているにも関わらず職場の事務職員を含む2人の女性と不倫したとして、長崎県警は30代の男性巡査長を本部長訓戒処分としました。

 

先月11日付けで本部長訓戒処分を受けたのは、県南の警察署に勤務する30代の男性巡査長。

 

長崎県警監察課によりますと、男性巡査長は既婚者ですが、おととし7月ごろから今年10月ごろまで、妻とは別の2人の女性と不倫していました。

 

警察署の上司に不倫を申告

 

なぜかこの男性巡査長は、今年9月に職場の上司に「一般女性と不倫をしていました」と申し出ました。

 

あまり職場の上司に、不倫を申し出るというのは聞いたことがありませんが・・。

 

その後の調査で男性巡査長は、同じ警察署に勤務する20代の女性事務職員とも不倫していたことが発覚。

 

20代の女性事務職員は先月11日付けで本部長・所属長注意の処分を受けています。

 

不倫は刑罰罰に該当しないはずだが

 

不倫という不貞行為は民法上の不法行為であり、刑事罰はありません。

 

不倫は、民事上の請求権に影響のある事実として問題となり、不倫をしたからといって犯罪として扱われるわけではありません。

 

わたしは民事上とモラル上の問題ですから、警察の懲戒処分には関係ないのかと思っていました。

 

不倫は民事上の問題ですが、警察の信用を落としたということへの「罰」でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です