【パパ活】復興庁職員『菅原久興』10代少女に暴行で逮捕。睡眠薬飲ませたか?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

10代の少女に睡眠作用のある薬を飲ませ、わいせつな行為をしたとして、復興庁の職員が警視庁に逮捕されました。

睡眠薬を飲ませる 

逮捕されたのは、復興庁の参事官補佐、菅原久興容疑者(46)です。

菅原容疑者は、今年5月、東京・豊島区の居酒屋で10代の少女に睡眠作用のある薬を飲ませ、ホテルでわいせつな行為をした疑いがもたれています。  

少女は、「菅原容疑者と居酒屋で酒を飲んでいて、気がついたら一人でタクシーに乗っていた」と話しているということです。  

取り調べに対し、菅原容疑者は「ホテルで女性には何もしていません」

「睡眠薬などの薬も飲ませていません」と容疑を否認しているということですが睡眠薬の有無は別として、何もせずなぜホテルに行ったんだという事になりますよね。

パパ活で知り合う

菅原容疑者と少女はツイッターを通じて、食事やデートをする代わりに金銭を受け取る、いわゆる「パパ活」として知り合い、会うのは初めてだったということです。

パパ活をする少女は後を絶ちませんが、少女達は食事をするだけの目的であったり、話をするだけの目的であったりする子が多いです。

1度デートだけでお金をもらって上手くいくと味をしめるんでしょうね。

危険だということが、もっとTwitterなどで広がればと思います。

菅原久興容疑者

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です