【北区生活保護費詐欺】逮捕2人目‼︎生活保護を「コネ」で支給の疑いも

東京都北区の職員2人目の逮捕

 

東京都北区のHPによると

 

『生活保護費の詐欺による元北区職員の逮捕について』と題し、北区役所元職員の石川憲一郎容疑者(62)の逮捕を掲載しています。

 

参照:FNNニュース

 

内容としては、今回逮捕された石川容疑者は北区の福祉課の職員で、1300万円を不正に流用したというものです。

 

スポンサーリンク

石川容疑者とは

 

【氏名・年齢】石川憲一郎(イシカワ ケンイチロウ)62歳

 

【退職時の職】健康福祉部生活福祉課相談係主任主事

 

【経歴】

・昭和50年4月1日 北区採用
・平成20年4月1日 健康福祉部生活福祉課相談係に配属
・平成28年3月31日 定年退職
・平成28年4月1日 北区再任用(同所属に引き続き配属)
・平成30年3月31日 再任用期間満了により退職

【逮捕容疑】平成25年4月から平成30年2月までの間、区職員を欺いて、区から生活保護費を不正に支出させ、約804万円を着服した疑い。

北区HPより引用

 

事件の概要をざっくりいうと、石川容疑者は担当する生活保護受給者が知人で(これもおかしい?)、すでに区外に転出していたにも関わらず、平成22年3月から平成30年2月までの間それを隠して、この知人と面接したことを示すウソの「面接カード」を作成して経理担当に渡し、この知人が毎月来所しているように見せかけました。

 

そして、この知人に渡る予定だった生活保護費を約1300万円着服したとのことです。

 

しかし、逮捕された際には保管期限をすぎた領収書もあったため、区は不正支出額を804万2050円と確定し刑事告訴しました。

 

石川容疑者は、「生活のためにやった」と容疑を認めています。

 

「生活のため」といっても給与は高い

 

東京都でのケースワーカーの平均年収は614万6988円(平均年齢42.3歳)というデータがあります。

 

石川容疑者の場合はさらに年齢が高いですから、800万円以上はもらっていたものと思われます。

 

いくら給料をもらっていても、さらに贅沢をすれば生活費は足りなくなります。

 

東京都の場合の生活保護費は、一人暮らしでは135,000円くらいのようです。

 

そうすると生活保護費の4倍以上は給与をもらっていたことになり、それでも足りないとなると生活保護受給者はどのように生活すればいいのでしょう。

 

それと一番気になるのが、もともと生活保護受給者が石川容疑者の知人ということです。

 

転居先では生活保護をもらっていないことになりますから、「コネ」で支給しなくてもよい生活保護費を支給していた可能性が高いと思われます。

 

こちらの方も、調査が必要だと思います。

 

7月には別の職員が逮捕

 

北区のHPによると、

 

平成30年3月上旬に発覚した区職員による生活保護費の着服について、本日、元北区職員・小林昇(同年6月22日付で懲戒免職)が、詐欺の容疑で王子警察署に逮捕されましたので、報告いたします。

 

1 逮捕された元職員

 

【氏名・年齢】小林昇(コバヤシノボル)46歳【退職時の職】健康福祉部生活福祉課相談係主査(係長級)
【経歴】平成5年4月1日 北区採用
 平成17年4月1日 現所属(健康福祉部生活福祉課相談係)配属
 平成27年4月1日 健康福祉部生活福祉課相談係主査(係長級)昇任
 平成30年6月22日 懲戒免職
【逮捕容疑】平成29年4月から平成29年10月までの間、区職員を欺いて、区から生活保護費を不正に支出させ、約220万円を騙し取った疑い。

 

2 事件の概要(区の内部調査により現時点で判明している内容)

 

元職員は、平成22年5月から平成30年3月までの間、担当する生活保護受給者12人が死亡・転出しているにもかかわらず、「死亡・転出廃止」の事務処理を行わず、当該死亡者・転出者と面接したことを示す虚偽の「面接カード」を作成・提示して経理担当を欺くなどして、当該死亡者・転出者の生活保護費を区から不正に支出させ、その一部を自らの生活費や遊興費などに使うために騙し取っていました。元職員が認めている不正支出は、現時点で12件、約6,500万円となります。
一方、経理担当を欺いた「面接カード」については、区の文書保存年限が一年であるため、詐欺行為の裏付け資料として提出できる平成29年4月から同年10月までの期間における面接カードが現存する死亡者3人分の不正支出額を219万9,240円と確定し、区は、平成30年6月15日付で元職員を詐欺の罪で王子警察署に告訴していました。

北区HPより引用

 

手口がほぼ一緒です。

 

この生活福祉課では、過去にも同様の手口での犯罪があるような気がします。

(昔の方がコンプライアンスがゆるゆるなので)

 

ケースワーカーが生活保護受給者の生活保護費を詐欺するとは・・・。

 

私は、他にも不正がないか、北区の生活保護全体を調査しなければならないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です