【大村恭平】逮捕された綾瀬市立北の台中学校教師の顔画像と悪質な犯行

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

中学教師がわいせつ行為で逮捕

 

神奈川県海老名市内の路上で女子大学生の口をふさぐなどした上、上半身をさわったとして中学校教師の男が逮捕されました。

 

参照:NNNニュース

 

強制わいせつの疑いで逮捕・送検されたのは、神奈川県綾瀬市立北の台中学校で教師を務める大村恭平容疑者(25)です。

 

 

大村容疑者は中学校教諭で、勤務している中学校は綾瀬市立北の台中学校と特定されています。

また大村教諭は社会科担当で、男子バスケットボール部の顧問をしていたとのこと。

大村容疑者は口をふさぎわいせつ行為

 

大村容疑者は今月22日午前1時ごろ、海老名市内の路上で、18歳の女子大学生に声をかけ、口をふさぐなどした上、上半身をさわった疑いが持たれています。



大村容疑者と女子大学生の間に面識はなかったということです。

大村容疑者は逮捕当初、警察の調べに対して「体をさわった」と容疑を認めていましたが、現在は「声をかけたが、わいせつな行為をする気はなかった」「体をさわったかは覚えていない」などと容疑を否認しているということです。

 

なぜ否認に転じたのは不明ですが、教師としても人間としても、乱暴で悪質な犯行です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です