【川崎刺傷】犯人の男の息子?がYouTubeアップ‼︎炎上狙いか?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

川崎登戸で無差別殺人

 

川崎・登戸で発生した無差別刺傷事件で、神奈川県警の発表によりますと、小学4年生の女の子1人と30代の男性1人が死亡。

小学生の女の子2人を含む3人が重症だということです。

 

 

犯人は、川崎市麻生区に住む51歳の男とみられています。

 

保険証が現場に落ちていたという情報もありますから、身元は判明していると思われます。

警察が発表していないのは、刑事責任が問えるかどうかを検討しているからだと推定されます。

 

 

犯人の男も首を自ら刺して自殺しています。

格闘家でさえ防げない通り魔という犯罪

 

この50代の男は刃物を右手にもち興奮した様子で、「ぶっ殺してやる!」と叫んでいたということです。

 

亡くなった男性は、現場にいた児童の父親のようです。

 

 

那須川天心さんも、もし現場にいても助けられなかったとツイート。

 

 

実際に刃物を持って狂ったように切りつけられたら格闘家でも対応できません。

不届きな?投稿も

 

ユーチューバーが炎上を狙ってか、自分の父だとユーチューブをアップしています。

 

 

これが本当に父親でなかったら、炎上ではすみません。

 

 

もし、あとで消せばいい、有名になれればいいというくらいの気持ちでユーチューブをアップしているのなら許せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です